item-1

週刊燃料電池「Fuel Cell Weekly」

販売価格(税込)
¥63,800
在庫状態 : 在庫有り
数量

お支払い方法

銀行振込(三菱UFJ銀行)後払いになります。
振込先の口座情報は、お送りする請求書に記載しております。

送料・配送について

送料は弊社で負担します。

本資料の概要

・発刊日:毎週月曜日(E-Mailで配信)
・体裁:PDF 25~40ページ
・購読料(1口):毎月4回、年48回配信 (本体価格 58,000 円+消費税)
*社内の複数部署で共有する場合は、3口のご契約をお願いします。

本資料の特色

◆燃料電池、水素エネルギー関連のニュース記事を毎週まとめて配信しますので、日本や世界で発信されているニュース記事・各社のプレスリリースなどを毎週一括して読むことができ、毎日の情報収集にかける手間が省略できます。また、内外の多岐にわたる情報整理にも便利です。
◆重複するニュースは取捨選択してひとつの記事に要約して配信しますので、エッセンスだけ読むことができます。
◆日本で発信されるニュース記事に関しては、弊社独自の追加取材を実施しますので、ニュース記事の信頼性が向上します。
◆情報収集の範囲
日本、アジア、欧米各国の燃料電池政策動向、燃料電池自動車、定置用燃料電池、モバイル燃料電池、燃料電池部品や部材、水素ステーション設置動向などの関連情報。

弊社では毎日、内外の水素・燃料電池に関するさまざまな情報を収集しており、2007年からインターネットを使ったニュース配信サービス「燃料電池情報サービス(Fuel Cell Daily News)」(400号を配信済)、2009年5月から「週刊<燃料電池>(Fuel Cell Weekly)」の配信を開始しました。2021年10月現在、602号まで配信しております。

この間、日本ではエネファーム(PEFC、SOFC)の市場導入が始まり、欧米ではバラードパワーシステムズ社などによる無線基地局向けバックアップ電源(PEFC)、コスト競争力のある燃料電池システムになっているフォークリフト電源(PEFC)、SFCエナジー社によるポータブル電源(DMFC)、ブルームエナジー社やフューエルセルエナジー社による分散電源(SOFC、PAFC、MCFC)の実用化が始まりました。欧米でもマイクロCHP(SOFC、PEFC)やトラック用APUの商品化も間近いといわれています。そして2015年には燃料電池最大の市場になる燃料電池自動車(FCV)の商品化が始まります。燃料電池市場はFCV実用化を見据え、燃料電池スタック・システムの共同開発プロジェクトが動き出しました。FCVや家庭用燃料電池のコストダウンを見据え、運転温度の高温化、Pt触媒使用量の削減、代替触媒の開発、水素ステーションの開発、さらに再生可能エネルギーの大量導入のための水素貯蔵技術や水電解などの研究開発、商品開発、市場開拓が精力的に進められております。
燃料電池産業は日本だけでなく、欧米でも大きな飛躍が予想されます。躍進する内外の燃料電池産業の情報収集に、週刊燃料電池「Fuel Cell Weekly」を是非、お役立てください。

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」のガイドラインについて

デジタルリサーチは週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」の発刊にあたり、下記のようなガイドラインをもうけ、コンプライアンス重視の姿勢を堅持しつつ、報道という立場で許容される範囲で各種情報を提供してまいります。

弊社が提供する「FUEL CELL WEEKLY」は各種ニュースの二次利用となるため、著作権法の第10条(写真、事実の伝達にすぎない雑報および時事の報道)、第12条(編集著作物)、第30条(私的使用のための複製)、第32条(引用)、第39条(時事問題に関する論説の転載等)、第43条(翻訳、翻案などによる利用)の遵守が求められる。
弊社では国内ニュース記事に関しては、可能な限り直接ニュースソースに取材することによりオリジナル記事を作製することにしている。記事の引用に関しては、著作権法第32条(引用)に定められた範囲内で行う。また企業、団体等のニュースリリースに関しては一般公開されたものと考え、出典を明記して利用する。インターネットニュース、記事の利用に関しては、リンクアドレスを利用する。
写真に関しては、企業、大学、政府機関、団体等のニュースリリースに関しては一般公開されたものと考え、出典を明記して利用するが、できるだけ発信者の許可を得るように努めることとする。それ以外の写真、図表に関しては、リンクアドレスを利用する。

海外記事に関しては、週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」が国内での利用を前提としてものであるから、国内ニュース記事と同様、著作権法の第10条(写真、事実の伝達にすぎない雑報および時事の報道)、第12条(編集著作物)、第30条(私的使用のための複製)、第32条(引用)、第39条(時事問題に関する論説の転載等)、第43条(翻訳、翻案などによる利用)を遵守する立場で、報道という立場で許容される範囲で各種情報を提供する。
企業、大学、政府機関、団体等のニュースリリースに関しては一般公開されたものと考え、出典を明記して利用する。一般的なニュース記事に関しては、インターネットによる情報収集を基本とするため、事実関係を要約して日本語の記事とし、関連する記事にリンクアドレスを張るという形式を利用する。写真に関しては、企業、大学、政府機関、団体等のニュースリリースに関しては一般公開されたものと考え、出典を明記して利用するが、できるだけ発信者の許可を得るように努めることとする。それ以外の写真、図表に関しては、リンクアドレスを利用する。

以上のような立場で、週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」の記事を作成し、配信する。「FUEL CELL WEEKLY」は著作権情報センターならびに弁護士に「FUEL CELL WEEKLY」の実物を見せた上で、問題点がないことを確認しています。その上で、独自のガイドラインを設け、配信サービスを開始いたします。

2009.5.18

(有)デジタルリサーチ 遠藤雅樹