「FUEL CELL WEEKLY」(2020.3.16)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.524 2020.3.16)

【国内情報】
P:川崎重工業、世界初の液化水素運搬船向け「海上輸送用液化水素タンク」の搭載完了……………………………… 3
P:三菱日立パワーシステムズ、米国で 84 万 kW の水素 30%混焼の火力発電設備を受注……………………………. 3
P:三浦工業、業務用燃料電池のメンテナンス部門を設立…………………………………………………………………….. 4
P:東京工業大学、世界最高クラスの酸素イオン伝導度をもつ電解質材料を発見…………………………………………….. 5

【海外情報】
P: 英 Costain、英国初の CCS プロジェクトの概念設計とフロントエンドエンジニアリングの業務を受注 …………. 7
A: カナダ Proton Technologies、廃油田に酸素リッチガスを注入し水素ガスを分離・抽出する技術を開発…….. 7
P: 仏 Energy Observer、トヨタが開発した燃料電池を搭載し、東京五輪を目指し出航………………………………………. 8
P: 英 LoganEnergy、エジンバラ市に水素ステーション開設………………………………………………………………… 9
P: 英 PowerHouse Energy、廃プラスチックから水素を製造するプロトス工場の設置許可申請認可 ……………….. 9
P: ノルウェーNel とKværner、大規模水素製造プラント建設のための標準化などで提携……………………………….. 10
N: 独 Fraunhofer、太陽光と風力からグリーン水素を大規模製造するパイロットプラントを2基建設………………. 11
A: 米 NIKOLA、カルフォルニアで自前の巨大な水素ステーションの建設を進める…………………………………………… 11
P: ベルギーDEME Concessions、オマーンで大規模グリーン水素プラント建設プロジェクトを開始………………… 12
N: 独 WEMAG 等、M-W 州で水素物流を確立するため水素ステーションネットワーク構築を開始…………………. 12
P: スイス EPFL、アノードオフガス用再循環ファン設置で SOFC の効率改善と寿命の向上達成……………………. 13
P: 英 Wales Hydrogen Trade Association発足…………………………………………………………………………… 13
P: 韓国 Hanyang、建設中の太陽光発電所に DMI のFC ドローンによる検査システム導入…………………………… 14
P: 米 Orbit Bloom Energy、ニューヨーク州メドフォードの空地に 6MW 燃料電池設備を建設………………………….. 15
P: 蘭 Nedstack、州内の水素関連企業の中国代表窓口として機能する HyNed に参加………………………………….. 15
P: 仏 Alstom、オランダで水素燃料電池列車の走行テストを実施……………………………………………………………….. 16
P: ギリシア Helbio、ブラジルの大学に燃料電池システムを出荷……………………………………………………….16

P: 独ヴッパタール市、廃棄物焼却プラントで水素製造、水素ステーション建設……………………………………………….. 17
P: 蘭 E.ON、Delta Port 等、ライン川沿いにバッテリー交換、水素充填インフラ構築……………………………………….. 17

P: 英 AFC Energy、1 ヶ月に渡る燃料電池 EV 充電器の英国縦断キャンペーン実施……………………………………… 18
N: 仏 Michelin、ENGIE Solutions 等、合弁会社設立し Michelin 事業所内にグリーン水素工場建設………….. 18
P: 豪 Manilla Solar プロジェクト、ソーラーファームに「H2Store」を導入…………………………………………………19
P: 蘭 CNH Industrial 傘下の IVECO、大型 FCV トラックの技術導入を加速……………………………………………………… 20
P: スウェーデンの myFC、2020 年半ばまで燃料電池を搭載する FCEV開発………………………………………………….. 20
P: 韓国電力公社、LOHC で 20Nm3/h の速度による水素貯蔵を証明……………………………………………………………….. 21
P: 独 Uniper、2035 年までに石炭火力全面停止と再生可能エネルギーへの移行に向け投資を拡大…………… 21
P: スペイン Eboca とAHF、燃料電池コーヒーメーカーを試作、国立公園に設置…………………………………………….22
P: 欧州委員会、European Industrial Strategy とClean Hydrogen Allianceの結成を発表…………………………….. 22
P: 米 Golden Empire Transit District (GET)、FCEV バス 5台導入……………………………………………………………………. 24
P:英 Proton Power Systems、独 APEX Energy Teterow から燃料電池システム 10 基受注…………………………..24
P: 英 H21 NIC、水素ガスのガスネットワークの安全性を検証するプロジェクトの進捗状況を発表…………………. 24
P: フィンランドの VTT 、バルト海で運航する調査船に燃料電池システム搭載……………………………………………..25
P: 米 LANL と WSU、プロトン交換膜電解装置と同等の性能を持つ陰イオン交換膜電解装置を開発…………… 26
N: 独 IWES、ブレーマーハーフェン市ルノー飛行場跡地に、水素製造パイロットプラント建設 …………………….. 26
P: 仏 AREVA H2Gen、FCR とグリッド安定化に寄与する出力 1 MW の PEM 電解システムを開発………………… 27
P: 米 StratosShare、カリフォルニア州でFCEV「ミライ」のカーレンタルを開始……………………………………………. 28
N: Ballard 製燃料電池搭載車総走行距離 3,000 万 kmの考察…………………………………………………………………………… 28
P: 独 BW州、ライン・ネッカー大都市圏での水素ローカルチェーン構築支援……………………………………………………. 29
P: フィンランドの Neste、ドイツ Sunfire からオランダの製油所に 2.6 MW 高温電解槽導入…………………………… 30
A:中国における燃料電池・水素エネルギーの開発動向と将来展望(1)…………………………………………………………… 31