「FUEL CELL WEEKLY」(2020.1.20)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.516 2020.1.20)

【国内情報】
A:物質・材料研究機構、磁気を使った冷凍技術で水素社会へ一歩前進(JSTnews 2019.12)………………………… 7
P:いすゞとHonda、燃料電池大型トラックの共同研究契約を締結 ……………………………………………………………………….. 7
P:山梨大学と田中貴金属、燃料電池の劣化を大幅に抑制する白金・コバルト合金水素極触媒を開発………….. 8
P:日本製鉄グループ、高圧水素用ステンレス鋼が東京ガス「豊洲水素ステーション」に採用 ………………………….. 9
P:東京工業大学、廃棄グリセロールからDHAと水素の生産に成功…………………………………………………………………. 10
N:FJコンポジット、中国の自動車メーカーに燃料電池セパレータを納入 ………………………………………………………….. 11
N:清流パワーエナジー、高山市に水素ステーション開設 ……………………………………………………………………………………. 11
N:JXTGエネルギー、東京五輪の大会車輛のFCVに水素燃料供給 ………………………………………………………………… 12
P:欧州トヨタ、2020年内にFCV「ミライ」次期モデルを欧州で発売 …………………………………………………………………….. 12
P:東京ガス、豊洲に水素ステーションを開設。燃料電池バスへの水素供給にも対応……………………………………… 14
N:ポエック、水素ステーション向けに圧力水槽方式加圧送水装置の販路を開拓 …………………………………………….. 14

【海外情報】
A:スウェーデン、環境配慮ビジネスとして水素に注目 …………………………………………………………………………………………. 16
A:韓国、「水素経済活性化ロードマップ」発表後1年でFCV世界販売1位 ………………………………………………………… 18
P:独SAL Heavy Lift、FUELSAVEが開発した水素/メタノール注入技術を実船舶に導入 ……………………………….. 19
P:独RVK、ケルン・ボン空港路線で燃料電池ハイブリッドバスを追加し、バス路線延長 ………………………………….. 20
P:豪シドニー大学、鋼材の粒界での水素の挙動の撮影に成功 ………………………………………………………………………….. 20
P:米業界誌AutomotiveNews記者による独BMW開発担当へのインタビュー記事………………………………………… 21
P:韓国標準科学研究所(KRISS)、水素ステーションで充填水素を正確に計量できるシステムを開発 …………… 22
P: 韓国斗山モビリティイノベーションとMicrosoft、燃料電池ドローンのソフト開発と販売で協業 …………………… 22
P:独AKASOL、Alstomから燃料電池列車用バッテリー・システムを受注 ………………………………………………………….. 23
P:独SFC EnergyとadKor、バックアップ電源用にBallardから2.9kW燃料電池スタックを調達。 …………………… 23
P:独eCapとBreezer Aircraft、水素燃料電池を搭載した小型航空機の開発で協業 ………………………………………. 24
P:米FuelCell Energy、米国内での燃料電池マイクログリッドソリューションの導入事例を紹介 ………………………. 25
P:米AIChE水素安全センターと韓国江原テクノパーク、水素経済への安全な移行を進めるために協力 ……… 25
P:米Stop&Shop、マサチューセッツ州とニューヨーク州の40店舗にBloom Energy Servers導入 ……………….. 25
P: ノルウェーH2 Energyと現代自動車、ノルウェーとスイスで燃料電池トラックを拡販 ……………………………………. 26
P:水素協議会、新たに22企業が参加し、協議会企業数は81に拡大 ………………………………………………………………. 26
N:豪Horizon Power、西豪湾岸沿いのデンハムで水素製造プラント設置のFS開始 ……………………………………. 27
P:仏ディジョン市、都市ごみから水素を製造し、水素ステーションを建設するプロジェクトを開始 ……………………. 28
P:雲南五龍汽車、燃料電池バス200台とEVバス47台を出荷。2020年は2千台のNEV出荷を計画 ………. 28
P:加ケベック州に発足したHydrogène Québec、水素の重要性と可能性を強調した白書を公表 ……………………. 29
N:英Logan Energy、中国で定置用燃料電池事業を手がける合弁会社を設立 …………………………………………………. 29
P:米H2scan、メンテナンス・キャリブレーションフリーの小型低コスト水素監視センサーを開発 ……………………… 30
P:蘭BDR Thermea Group、水素専焼ボイラー開発、ローゼンブルグ市で実証試験を開始 …………………………….. 30
P:米H/Cell Energy、受注総額80万ドルの燃料電池システムを新規受注 ……………………………………………………….. 31
P:ハンガリーGOLDI Mobility、奥斯福科技の高圧水素ボンベを欧州顧客に販売 …………………………………………….. 31
P:欧FCH JU、2020年研究開発助成プロジェクトの公募開始。助成額は93百万ユーロ。 …………………………….. 32
P:米Bloom Energyと韓国SK E&C、KOMIPOとKTにBloom Energy Serverを納入 ……………………………………. 33
P: 韓国現代自動車、英Arrivalに1億ユーロを投資してEV商用車を共同開発 …………………………………………….. 33
P:独仏の天然ガスネットワーク運用会社、水素導入で国境を越えた協業を開始 ……………………………………………… 34
N:仏Lhyfe、ヴァンデに風力発電所の電力を利用した水素生産工場を建設、2021年上期稼働 …………………. 34
P:独クラウスタール工科大学、バイオ燃料電池応用の下水汚泥処理で実証試験を実施 ……………………………….. 35
P:トヨタの燃料電池システムを搭載した水素燃料電池バス20台、中国・常熟市に到着 …………………………………. 35
N: スウェーデンCell Impactと中西金属工業、金属セパレータの量産時の工程能力と生産性を検証 …………. 36
米DOE-EEREのマンスリーニュースレター2019年11~2020年1月号 ……………………………………………………….. 36