「FUEL CELL WEEKLY」(2020.1.14)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.515    2020.1.14)

【国内情報】
A:トヨタ、中国でFCV 中核部品を外販…………………………………………………………………………….. 7
P:関西学院大学「光をあてることで、水を分解して水素を発生させる新たな多孔性物質」を開発……………………. 8
P:東芝エネルギーシステムズ、敦賀市で再エネ水素ステーション「H2One ST Unit™」を開所…………………………… 8
P:東芝エネルギーシステムズ、水素燃料電池船に移動型純水素燃料電池システムを納入……………………………. 9
P:東京都、「ゼロエミッション東京戦略」を策定……………………………………………………………………………. 10
A:トヨタ田中義和氏、「MIRAIConcept」に関するインタビュー記事…………………………………………………………….. 11
N:岩谷産業、2025 年大阪万博会場と関西国際空港などを結ぶ 50~100 人乗り燃料電池船建造を計画…… 12
P:トヨタ、東富士工場跡地に実証都市「コネクティッド・シティー」建設プロジェクトを発表………………………………… 12
N:いわき市の新常磐交通、2020年春に「燃料電池バス」を導入……………………………………………………………………13
A:経済産業省、災害時の電源利用など災害対応能力の強化につながる電動車の普及支援を拡充……………. 13
N:東邦ガス、独カール・デュングスの工業炉用都市ガス電磁弁で水素向け性能を確認…………………………………. 14
N:東邦ガス、水素燃焼試験設備として間接加熱式バーナーを用いた炉を新設………………………………………………. 15
N:東邦ガスとナリタテクノ、小型炉向け水素バーナーを開発……………………………………………………………………. 15
P:愛知県、トヨタなど 3社に低炭素水素製造に係る認証を実施……………………………………………………………………. 16
N:鹿児島大学、電気化学セルでバイオガスから水素を製造する新プロセスを開発………………………………………… 17
P:アイルランドのロックバンド、FCV から供給された電力を利用して水素コンサートを実現…………………………….. 17

【海外情報】
P:デンマーク Everfuel、シェル製油所に大規模水素生産施設を建設(FCW2019.12.23 号既報) ……………………. 18
N:中国、再生可能エネルギー技術の研究開発に 30 億元(480 億円)超を投入………………………………………………. 18
N:山西省大同市、水素エネルギー社会構築へ注力………………………………………………………………………………….. 19
P:中国初の水素・電力・石油・ガス総合エネルギーステーション、山西省長治市で稼働…………………………………. 19
A:次世代の輸送インフラを革新する「水素燃料」の巨大な可能性…………………………………………………………….. 20
A:「水素燃料」自動車で巻き返しを図る、米スタートアップ「ニコラ・モーター」の挑戦 …………………………………… 21
N:国家電力投資と中国中車、航続距離 600km 超の水素燃料電池路線バスを共同開発………………………………. 21
P:独 BMVI、HyLAND イニシアティブを実施する 16地域を決定……………………………………………………………………. 22
P:ベルギー・リエージュ空港、現代自動車のFCV「Nexo」を導入………………………………………………………………………. 23

N:ベルギー首都圏議会、ブリュッセル首都圏交通に水素燃料電池バス試験導入を要請 ……………………………. 24
P:中国の武漢地質環境産業技術研究所等3団体、水素エネルギー産業の育成で協定…………………………………. 25
P:クロアチア初の太陽光発電と組み合わせた水素ステーション開設………………………………………………………………. 25
P:英 Wood Mackenzie、2030 年までにグリーン水素のコストギャップは解消するとレポート…………………………….. 26
P:ハンガリーGOLDI Mobility、ハンガリー市場での水素駆動ドローンの販売を目指す…………………………………….. 26
P:英 Fuel Cell Systems、燃料電池小型航空機に水素を供給する水素補給車を開発……………………………………… 27
P:仏 SAFRA、オーセロワから 30kW 燃料電池を搭載したハイブリッドバス 5 台受注……………………………………….. 28
P:韓国 Korea Gas Technology とJNKHeaters、水素産業インフラ拡張で業務提携………………………………………… 29
P:豪ディーキン大学、グリーン水素をベースにクリーンな輸送を実現するプロジェクト開始…………………………….. 29
P:米 FuelCell Energy、加州テュレア市の廃水処理施設の 2.8MW 燃料電池システム商業運転開始……………… 30
P:独 Clean Logistics、大型ディーゼルトラックの水素ハイブリッド駆動に改造推進 ………………………………………..30
P:豪 Hazer Group とBOC、水素製造実証プラントからの水素の買取に関する条件規定書に合意 ……………….. 31
P:米国ブラウン大学、プラチナが水から水素を取り出すのに優れた触媒である理由を解明…………………………… 32
P:英国 HyDeploy プロジェクト、キール大学区で 20%水素注入の天然ガス使用テストが進行中 …………………… 32
P:米 Fortress UAV、DMI の燃料電池ドローンの技術サポートと水素ガス供給サービス開始…………………………. 33
P:中国・北京億華通、バス、輸送車両用水素燃料電池エンジンを発表………………………………………………………….. 34
P:独エスリンゲン大学、26 トン電動トラックに燃料電池駆動システムを装着するプロジェクト開始…………………. 34
P:韓国大田市ハクハ水素ステーション、利用車急増のため年中無休と営業時間延長で対応………………………… 35
P:米国交通環境センター、燃料電池バスは EV バスに比べ外気温による効率変動が少ないことを報告………. 35
P:エストニア Elcogen、タルトゥ大学と SOFC 等エネルギーおよび材料技術を共同開発………………………………….. 36
N:スイスNordur、アイスランド・ヘトリスヘイジ地熱公園で水素を製造しメタン合成を検討 …………………………… 36
P:蘭 Enexis など、遊休ガスインフラの再利用を含め太陽光から水素を製造するプロジェクトを検討……………… 37
P:豪 CO2CRC、日豪間水素サプライチェーンで建設中の水素精製プラント向け主要機器を納入………………….. 38
P:英 Waste2Tricity、廃プラスチックから水素を製造する工場建設で補助金獲得………………………………………….38
P:米 Plug Power、某フォーチュン 100 企業から物流ネットワークへの燃料電池の導入案件を受注…………… 39
P:米 FuelCell Energy、寿命を 7 年に伸ばしたスタックモジュール開発と販売を公表……………………………………….. 39

N:韓国国土交通省、「水素モデル都市」を選定し、住宅、交通分野で水素の活用を支援…………………………….. 40
P:独ヘルムホルツ協会 HZG、短時間で吸蔵と脱着可能な水素吸蔵合金を開発……………………………………………… 40
P:ギリシア Helbio、PEM 燃料電池を搭載した 2.5kW CHP システムを EDA に納入…………………………………………… 41
P:西オーストラリア政府、7 件の再生可能水素に関連したフィージビリティスタディに資金拠出………………………. 42
P:米パデュー大学ノースウエスト校、酵母を使用し食品廃棄物から水素を製造するプロセス開発………………… 42
P:スウェーデン Hybrit Development、2020 年内に水素直接還元による製鉄パイロットプラント完成……………… 43
P:カナダ Ballard と Deloitte China、米中欧での商用車の総保有コストの予測解析結果を公開 ……………………. 43
P:伊 Snam、 Contursi Terme で天然ガス配管への水素ブレンド比を 10%に倍増した試験実施………………………. 44
P:独HZDR、電気分解中の水素発生メカニズムを解明…………………………………………………………………………. 45
P:独 DHL、StreetScooter から 500km 走行可能な燃料電池配送車 100台導入……………………………………………… 46
P:  イスラエル Technion、水素と酸素を分離して生成する光電気化学プロセスのプロトタイプを開発……………. 46
P:欧 E4tech、「Fuel Cell Industry Review 2019」発表。2019 年の燃料電池出荷量は約 1,129MW ……………. 47
P:独バイロイト地区、公用車にトヨタのFCV「Mirai」を採用……………………………………………………………………… 48
P:独ローワー・フランコニア地区、2番目の水素ステーション営業開始………………………………………………………………. 48
P:ノルウェーHynion、現代自動車とトヨタの援助でオスロ地区の水素ステーションの充填能力を拡張…………… 49