週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.12.23)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.514 2019.12.23)

【国内情報】
N:川崎重工業、液化水素運搬船用タンクを大型化する研究を加速 ……………………………………………………………………. 6
P:南ア共和国ウォーターバーグ白金族プロジェクト、最終フィージビリティ・スタディを承認 ………………………………. 6
P:商船三井とe5ラボ、水素ハイブリッド自動車運搬船の共同検討を開始 ………………………………………………………… 9
N:経済産業省、2020年度からーボン・スチール技術開発プロジェクトのための調査研究に着手……………………. 9
P:ホンダ、燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を一部改良して発売 ………………………………………………………… 10
P:高砂熱学工業とispace、民間月面探査プログラムのコーポレートパートナー契約を締結 ………………………….. 11
N:中国の水素燃料電池産業に大きな商機、大阪でセミナー開催 ……………………………………………………………………… 12

【海外情報】
A:重慶市が「水素燃料電池自動車産業発展指導意見」を発表………………………………………………………………………….. 14
P:フィンランドのケラバ市、水素燃料電池バス20台の導入を検討 …………………………………………………………………….. 14
P: スウェーデンInsplorion、PowerCellなど、応答性に優れた超高速H2センサーを共同開発 ………………………. 15
P:蘭グローニンゲン大学、電力からの大規模な水素製造の経済性について調査開始 …………………………………… 15
P:米ミシガン州立大学、加州新規鉄道路線に水素燃料電池ハイブリッド方式採用を推奨 ………………………………. 16
P:シンガポールNTU、廃プラと光触媒の混合溶液に太陽光照射でC-C結合を分解 ……………………………………… 17
P:オランダの三港、水素ハブHydroportsを結成 ………………………………………………………………………………………………….. 17
P:豪ディーキン大学、ワォーナンブール市に水素ハブを建設するプロジェクトを始動 ………………………………………. 18
P:カナダBallard、濰柴動力とのJVから1,920万ドル相当のMEA受注 ………………………………………………………….. 18
P:燃料電池ごみ収集車の開発を進める欧州の3つのプロジェクト、相互協力で合意 ……………………………………… 19
N:ポーランドのPKN Orlen、ポーランドとチェコで水素ステーション建設を計画 ……………………………………………… 20
P:ポーランドPKN ORLENとPesa Bydgoszcz、水素燃料電池列車の開発で協力……………………………………………. 20
P:米HyperSolar、パネルを使用し、太陽光と水から水素を製造する実証試験を公開 ……………………………………… 21
P:ノルウェーNel Hydrogen、オランダのOrangeGasから複数ユニットの水素ステーション受注 ………………………. 22
P:独e.GO MOOVE、燃料電池レンジエクステンダーを搭載したCargo Moverを発表 ……………………………………… 22
P:仏ポー市、全長18メートルの燃料電池トラムバスの運行を開始 ……………………………………………………………………. 23
P:独Stadtwerke Schweinfurt、燃料電池による熱電併給(CHP)暖房システムを試験導入 …………………………….. 24
P:ポルトガルEDP、リバテジョ火力発電所で水素製造・貯蔵プロジェクトを計画 ……………………………………………….. 24
P:英ラフバラ大学と中国天津大学、燃料電池シミュレーションプラットフォームを完成 ……………………………………… 25
P:英S&P Global Platts、市場初の水素指標価格公表を開始 …………………………………………………………………………….. 26
P:独H2MOBILITY、ハンブルクで4箇所目の水素ステーションを開業 ………………………………………………………………. 26
P:米Nuvera、中国杭州市富陽区に大型車両向け燃料電池製造工場の建設開始 ………………………………………….. 26
P:韓・現代自動車、スウェーデンのImpact Coatingsと水素燃料電池開発協力に関する覚書を締結 ……………. 27
P:蘭デンヘルダー港、太陽光発電、電解プラントと水素ステーションを備えたソーラーパークを建設 ………. 28
P:デンマークEverfuel、Shell フレデリシア製油所内に容量20 MWの電解プラントを建設 ……………………………… 29
P:BKK、Equinor、仏Air Liquide、ノルウェーで液体水素のサプライチェーンを構築 ………………………………………….. 29
P:英Powerhouse Energyグループ、廃プラから水素を製造する工場の設計を終え、建設許可を申請………….. 30
P:独フランクフルトMainovaとFES、廃棄物焼却から水素製造・供給バリューチェーンの検討開始 ……………….. 31
P:独Wuppertaler Stadtwerke、最初の水素燃料電池バスを受け取る ……………………………………………………………….. 32
P:デンマークGreenLab、メタノール製造と電解プラントが中核の大規模水素製造工場建設…………………………… 32
P:デンマークØrsted、水素貯蔵タンクを持つ2MW電解プラント建設 …………………………………………………………………. 33
P:ノルウェーNel等4社、今後需要の増加が期待される水素を製造する合弁会社を設立 ……………………………… 33
P:豪ATCOクリーンエネルギー・イノベーション・ハブ、製造した水素を天然ガスにブレンド開始 ……………………. 34
P:米FuelCell Energy、グロトン米軍基地に7.4MW級燃料電池モジュールの搬入開始 …………………………………… 34
マンスリーニュ-スレター「Fuel Cell and Hydrogen Energy Connection」2019年12月号。 ………………….. 35