週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.12.16)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.513 2019.12.16)

【国内情報】
P:日立自動車交通、2019年12月から晴海ライナーで燃料電池バスの運行開始 ……………………………………………. 6
A:NEDO「Power To Gasプロジェクト」の進捗状況の概説 …………………………………………………………………………………….. 6
P:東北大学、グラフェンと水素が同時生成するグラフェンの新しい合成法を開発 ……………………………………………… 7
P:仏Pragma Industries、日本法人プラグマ・インダストリー・ジャパンを設立 …………………………………………………….. 9
N:壱岐市、2020年度から水電解水素を利用した水素発電の実証実験を実施 ……………………………………………….. 10
P:岩谷産業、中国でエアセパレートガスおよび水素ガスの新プラントを建設 ……………………………………………………. 10
P:川崎重工業、世界初の液化水素運搬船の進水式を神戸市で開催 ……………………………………………………………….. 11

【海外情報】
A:米カリフォルニア州、EV購入者への払戻し制度の基準を変更、テスラ・モデルS等は対象外 ………………….. 12
P:蘭BDRの製造するガスボイラー、最大水素20%を含むガスに対応できる機器として認定 ………………………… 13
P:独BMVI、BOSデジタル無線システムの非常用電源として燃料電池505台を設置 ……………………………………… 13
P:欧High V.LO Cityプロジェクト、欧州4都市に14台の水素燃料電池バスを配備 ……………………………………….. 14
P:独TESVOLT、スウェーデンにエネルギーの自給自足が可能な燃料電池を備えた町営団地を開発 ………….. 15
P:スウェーデンVattenfall、水素で脱炭素化を目指し、2025年まで水素ロードマップを公開 …………………………… 15
P:独SGL Carbonと現代自動車、ガス拡散層の供給量を大幅に増やすことで合意 …………………………………………. 16
P:独Deutsche Eisenbahn Service、ディーゼル機関車を水素駆動に改造するプロジェクトを開始 …………………. 17
P:米InEnTecとスウェーデンPlagazi、プラズマガス化技術による水素製造で提携 ………………………………………….. 17
P:ノルウェーNel、仏ENGIEから3.5 MW水電解装置を受注 ……………………………………………………………………………….. 18
P:デンマークEverfuel、Shellフレデリシア製油所に大規模P2X水素プラントを建設 ……………………………………….. 19
P:英OGTC、オークニー諸島の石油基地を有効利用し、オフショアでの水素生産を提案 ……………………………….. 19
P:スイスEnergiedienst、水力発電所に隣接した1MW「Power-to-Gas」プラントの操業開始 …………………………… 20
P:Shell CanadaとHTEC、ブリティッシュコロンビア州に同州2箇所目の水素ステーションを開設 …………………… 21
P:カナダBallardと仏Hydrogène de France、数MW規模の定置用燃料電池発電システムを共同開発 …….. 21
P:仏Hydrogène de France、ボルドー市に生産能力50MWの燃料電池生産工場を建設 ………………………………. 22
P:米ブルックヘブン国立研究所、新開発の電極で人工光合成による水素の分離に成功 ……………………………….. 23
N:マレーシアSarawak Energy、新規に6か所の水素ステーション建設計画を発表 ……………………………………… 23
P:豪タスマニア州、タスマニア再生可能水素アクションプランのドラフト版をリリース ………………………………………… 24
P:独Bertrandt、燃料電池レンジエクステンダー駆動システムを開発 ………………………………………………………………… 24
P:独WSW、発注した10台の水素燃料電池バスのうち、最初の1台到着 …………………………………………………………. 25
P:米国ロサンゼルス市水道電力局、石炭火力に代わる水素タービン発電所設置計画を公表 ……………………….. 26
P:スウェーデンPowerCell、ドイツの自動車用燃料電池スタック開発プロジェクトⅡに参加 ……………………………… 27
P:豪UNSW大学、水電解触媒として白金と同等の触媒活性を示すニッケル鉄触媒を開発 ……………………………. 27
P:米船級協会(ABS)、海洋&オフショアアプリケーション向け燃料電池システムガイド公開 ……………………………. 27
P:ノルウェーHellesylt水素ハブ、ガイランゲルフィヨルドで余剰水力を利用した水素製造施設を建設 …………… 28
P:独SCHOTTEL、世界初の水素燃料電池フェリー向けに船舶推進装置を納入 ……………………………………………… 29
P:仏Hydrogène de France、カナダBallardの1MW燃料電池システムをマルティニーク島に設置 ………………… 29
P:英SSCなど、サーモン廃棄物をバイオガスに変換して利用するなど循環経済プロジェクトを実現 ……………. 30
N:中国、2025年までに新車販売台数の25%を新エネルギー車にする計画を発表 …………………………………………. 31