週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.12.9)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.512 2019.12.9)

【国内情報】
P:三菱日立パワーシステムズ、スペインで開催の「COP25」JAPANパビリオンに出展 …………………………………….. 6
P:豊田通商(エネ・ビジョン)、水素ステーションに再生可能エネルギー由来の電力供給を開始 ……………………… 7
N:秋田県仙北市と東北大、仙北市の玉川温泉水から水素燃料を取り出すプロジェクトを開始 ……………………….. 8
P:川崎重工業、国内メーカー初の商用化に向けた新型水素液化機の実証試験を開始 …………………………………… 9
A:コネックスシステムズの「SHUTTLE BatteryTM」紹介記事 ……………………………………………………………… 10
N:鉄道総合技術研究所、燃料電池ハイブリッド電車の走行試験を実施 …………………………………………………………… 11
N:ウェルコン、2020年から水素ステーションン用熱交換器の海外販売を開始 ………………………………………………… 11
P:森村グループ4社共同出資の森村SOFCテクノロジー、事業開始 ……………………………………………………………….. 12
A:国際石油開発帝石、長岡市でメタネーション実証開始(FCW2019.10.25号で既報) …………………………………….. 12

【海外情報】
A:中国:水素エネルギーの実用化が都市の交通網でも始まる……………………………………………………………………. 14
N:中国、2025年の新エネルギー車(PHV、EV、FCV)の販売目標を25%に引き上げる素案を発表……………… 15
N:豪鉄鉱石大手FMG、将来の水素輸出に意欲(FCW 2018.12.25既報)……………………………………………………. 16
P:独DEN、独連邦政府によるグローバルな視野に立った水素戦略に期待 ……………………………………………………… 16
P:米Plug PowerとスペインCLH、スペインでの水素供給で提携 …………………………………………………………………. 17
P:独SCHOTTEL、燃料電池を搭載するプッシュボートにステアリング・制御システム納入 ………………………………. 17
N:中国青島のコンテナターミナル、水素駆動の高速クレーンを含む多数の自動装置を導入 ………………………. 18
PカナダPetroma、アフリカ・マリ共和国で天然水素を原料にした発電パイロットユニット設置 ………………………. 19
P:独・バイエルン水素センターの会議で、水素燃料電池のコスト低下等が議論された…………………………………….. 19
P:米Heliogen、1000℃を超える高温の太陽エネルギー発生に成功 …………………………………………………………………… 20
P:仏トゥレーヌバレーインドール共同体、水素燃料電池バイク15台を購入 ………………………………………………………. 20
P:豪Jemena、2020年後半からNSW州に電解槽設置……………………………………………………………………………… 21
P:ノルウェーPrototech、月へのミッションプログラム向け再生燃料電池システム受注 …………………………………….. 21
P:独Wintershall DeaとKIT、メタン熱分解水素製造技術の工業化で提携 ………………………………………………………… 22
P:英・天然ガスネットワークを水素に置換する「H21」プログラム、フェーズ2に移行 ……………………………………….. 22
P:米イリノイ大学とカリフォルニア大学、水素を生成するヒドロゲナーゼ酵素を模擬合成 ………………………………… 23
P:米Air Productsと韓国蔚山市、水素協力協定締結……………………………………………………………………………… 23
P:豪CSIRO、5つの領域で水素に移行・統合する上で研究開発部門が推進すべき重要な工程表を公開 ……. 24
P:ドイツ、モロッコとのパートナーシップを強化、アフリカからの水素輸入も視野に入れる ……………………………….. 25
P:英Proton Power Systems、伊Fincantieriに 船舶用38 kW燃料電池を納入 ………………………………………………. 25
P:韓国の2019年10月までの燃料電池車の販売台数は3,207台、前年比622%増 ……………………………………… 25
P:米国サンフランシスコ市ハリソンストリートに水素ステーション開業…………………………………………………….. 26
P:独Hy2gen、カナダ、フランスなどで総計500MW以上の電解槽建設プロジェクトを進める …………………………… 27
P:英WSP、HyNetのCCUSプロジェクトで水素パイプラインの設計を担当 ……………………………………………………….. 27
P:蘭IVECO、FPTと米NIKOLA、欧州市場向けに燃料電池&EVキャブオーバートラック開発 ………………………. 28
P:米Plug Power、南アの鉱山で燃料電池鉱山トラック向け水素補給システム構築 …………………………………………. 29
P:独Mercedes-BenzのLab1886、Rolls-Royce の固定式非常用燃料電池電源システムを開発 …………………. 29
P:独Bosch、中国無錫に燃料電池センターの建設開始………………………………………………………………………… 30
P:米Quantum、圧力13,500 psi(930bar)の高圧水素タンク(容量60 kg)開発…………………………………………. 31
P:カナダBallard、ベルギーVan Hoolよりバス向け85kW燃料電池モジュール20ユニット受注 ……………………. 31
P:ノルウェーNel、韓国から2箇所の水素ステーションを追加受注………………………………………………………………. 32
P:オランダHolthausen Energy Points、アムステルダム港で水素ステーション建設 ………………………………………….. 33
P:Toyota Spain、Enagás、Urbaserの3社、マドリッドで水素ステーションを建設……………………………………………. 33
P:南アSasolとデンマークHaldor Topsoe、GTL技術とTopsoeの水素技術の一括ライセンスを提供 ………….. 34
P:英AFC Energy、燃料電池EV急速充電システムを発売………………………………………………………………………….. 34
P:豪カーティン大学、太陽光を利用し常温常圧のメタノールから水素生成に成功 ……………………………………………. 35
P:韓SK EnergyとHyNet、平澤市で水素燃料供給インフラを構築 …………………………………………………………………….. 36
P:英ハルトン自治区議会、North West Hydrogen Allianceに参加、地域での水素導入を主導 ……………………….. 36
P:オランダKiwa、フローニンゲン州産学7団体と共同でHyDeltaプログラムで水素の実用化を推進 …………….. 37
N::独オスナブリュック警察、パトカーに現代自動車のFCVを導入する試験開始 …………………………………………. 37
P:中国考克利爾競立(蘇州)氢能科技、蘇州に電解槽製造工場の操業を開始 ……………………………………………….. 38
P:スェーデンCell Impact、生産能力拡大のため新設工場建設……………………………………………………………………. 38
P:スイスGroupe Eと仏ENGIE、水素生産を推進する合弁会社を設立………………………………………………………………. 38
P:韓Doosan Mobility Innovationと韓国水資源公社、ドローンによる河川の流域管理実証試験実施……………. 39
P:ノルウェーEquinorと伊Ansaldo Energia、水素燃焼ガスタービンの燃焼性能改善で協力 …………………………. 39
P:米ReCarbon、工場廃ガスを合成ガスと水素に変換する独自のプラズマ生成システム構築 ……………………….. 40
A:蘭Holland Innovation Network China、報告書「中国の水素・燃料電池開発の概況」を公開………………………. 41
N:韓・現代自動車、インドで燃料電池自動車に関するフィージビリティスタディを開始………………………………… 41