週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.10.21)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.505 2019.10.21)

【国内情報】
P:東京汽船など、燃料電池ハイブリッドタグボートのコンセプトデザインを完成 …………………………………………………. 3
P:三井物産、ドイツでのオンデマンド乗合輸送サービスを展開するCleverShuttleに資本参加 ………………………. 3
P:国際石油開発帝石と日立造船、メタン合成試験設備を完成、運転開始 …………………………………………………………. 4
N:フェアスカイ、英Intelligent Energyの燃料電池を搭載したドローンを開発 ……………………………………………………… 5
P:東京工業大学、太陽光で働く新しい水分解光電極を開発 ………………………………………………………………………………… 5

【海外情報】
A:中国の広東省で水素ステーションの整備が進む ……………………………………………………………………………………………….. 7
A:現代自動車「すべてのバス・トラックでエコカーモデル出す」 …………………………………………………………………………… 10
P:米DOE、米Redox Power Systemsの高温水蒸気電解技術(SOEC)開発に100万ドルを助成 …………………. 11
P:英国のPeel Environmental、プロトスに廃プラスチックto水素プラントを設置する計画書を提出 ……………….. 11
P:独WSWとAWG、廃棄物発電の電力による水電解水素製造プロジェクトを開始 …………………………………………… 12
P:欧州で大型燃料電池トラックを開発、実証する「H2Haul」プロジェクトが始動 …………………………………………………. 13
P:米国Infinity、水素・酸素燃料電池を開発するためNASAと契約締結 ……………………………………………………………. 13
N:韓国現代自動車、高速道路8番目の「H河南水素ステーション」をオープン ……………………………………………….. 14
P:米H / Cell Energy、合計50万ドルの新規契約受注 …………………………………………………………………………………….. 15
P:ノルウェー主導の研究グループ、安価で高効率の管状プロトンセラミック電解槽用触媒材料開発 …………….. 15
P:米国アルゴンヌ研究所とイリノイ大学、低コストで高強度の水素貯蔵用新規材料の開発で協力 ………………… 16
P:米CAFCP、最新のFCV、水素ステーションの導入・設置状況アップデート ……………………………………………………. 17
P:フランスのトゥールーズ工科大学LAPLACE研究所、水素プラットフォーム発足 …………………………………………… 17
P:米SLAC国立加速器研究所とスタンフォード大学、安価なPEM電解槽用触媒開発 ………………………………….. 18
P:仏トゥールーズブラニャック空港、水素ステーションを設置し燃料電池バス4台を導入 ………………………………. 18
N:スイス連邦工科大学ローザンヌ校、水素の貯蔵と圧縮を大幅に簡素化できる技術を開発 ………………………… 19
P:カナダ・ケベック市内で最初の水素ステーションオープン …………………………………………………………………………………. 19
P:仏H2SYS、消火活動のための発電機規格のDIN 14685に適合した3.5 kW発電機発売 …………………………… 20
P:ドイツのSchaeffler、第46回東京モーターショーに燃料電池等を展示 ………………………………………………………….. 20
P:豪ARENA、クイーンズランド州アンモニア工場に投資 ……………………………………………………………………………………… 21
P:ポルトガルのCaetanoBus、ベルギー・ブリュッセル市の展示会に自社開発の水素バスを出展 ………………….. 21
P:英Intelligent Energy、APCから助成を受け、大型車両向け燃料電池システムを開発 …………………………………. 22
P:豪電力ガス業界団体、Gas Vision 2050の最新レポートを公表 ……………………………………………………………………….. 22
P:ノルウェーHexagon、ポーランドSolarisから燃料電池バス向け水素供給システムを受注 ………………………….. 23
P:ベルギーVan Hool、18mの燃料電池バス「Fébus」を開発 ……………………………………………………………………………….. 23
P:オーストラリアのクイーンズランド工科大学、グリーン水素社会に向けて水素の研究・開発を牽引 …………….. 24
P:プロジェクトINN-BALANCE、燃料電池のコンポーネント毎の耐久性調査を開始 …………………………………………. 24
P:スイス・ポールシェラー研究所、燃料電池内の水の状態を高速に高画質化し水素定量化に成功 ……………… 25
P:英国HyNetコンソーシアム、英国北西部の天然ガスから水素への転換供給計画の進捗報告会実施 ……… 25