週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.9.2)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.498 2019.9.2)

【国内情報】
N:新日本特機、空気圧縮で制動力を確保するEV、FCV用の非常ブレーキを開発 ………………………………………….. 3
P:経済産業省の2020年度予算の概算要求を発表。水素関連3割増。 …………………………………………………………….. 3
N:日本精線、低温・高圧水素環境下で高強度・靱性を両立させたバネ用ステンレス鋼線を開発 ……………………. 4
P:JFEコンテイナー、東邦ガスからFCバス対応水素ステーション用蓄圧器を受注 …………………………………………. 4
P:高砂熱学、三菱化工機と共同開発の水電解装置を環境省の実証試験に納入(FCW 2018.8.5で既報) …… 5
P:パナソニック、純水素型燃料電池のコストダウンを進める ………………………………………………………………………………… 5
N:理化学研究所、FCV向け水素吸着材料で炭素系材料と水素吸蔵合金のハイブリッド化を進める ……………… 5
N:富士経済、国内水素燃料関連の市場規模、2030年度に4,085億円と予測 ………………………………………………….. 6
A:静岡ガス、スマートマンションで世帯間の電力融通を実現 ……………………………………………………………………………….. 6
P:消防庁、水素スタンドを併設する給油取扱所の技術基準の見直し …………………………………………………………………. 7
P:JXTGエネルギー、HySTRA に参画 …………………………………………………………………………………………………………………… 7
P:鉄道総合技術研究所、新型燃料電池ハイブリッド試験車両が完成 ………………………………………………………………… 8
P:ツネイシクラフト&ファシリティーズ、水素燃料の内航フェリー建造(FCW 2019.8.19号で既報) ……………………. 9
P:パナソニック、2050年までに使用電力すべてを再生可能エネルギーに転換 …………………………………………………. 9

【海外情報】
N:オーストリアÖBB、クラーゲンフルト市で、最初の燃料電池バスの運行開始 ………………………………………………… 10
N:韓国浦項科学技術大学、水素を生成するナノリーフ電極触媒を開発 …………………………………………………………….. 10
P:ノルウェー公共道路局、ベストフィヨルドでの海運輸送で水素フェリー導入を計画 ………………………………………… 11
P:オーストリア Tiwag、2千万ユーロ(24億円)の資金を調達しクーフシュタインに水素工場を建設………………… 12
P:ドイツ航空宇宙センター、燃料電池CHPの実装・保全の効率化のため最適化・標準化を推進 ………………….. 12
N:インド工科大学、ガス中の微量の水素濃度を検出するセンサー技術開発 …………………………………………………….. 13
P:韓国現代自動車、中国上海センチュリースクエア内に水素ビジョン館を開設 …………………………………………….. 14
P:北欧・北極圏を対象にした水素利用促進を図るHUGEプロジェクト、アイルランドで開始 ……………………………. 15
P:スウェーデンMetacon、ギリシアHelbioに150万ユーロ追加投資 …………………………………………………………………. 16
N:独ブレーマーハーフェン市、Initiative H2BX中心に水素基盤構築進む ………………………………………………………….. 16
P:米国Element I(e1)、メタノール協会(Methanol Institute)に加入 ……………………………………………………………………. 17
N:韓国現代自動車のFCV「NexoSUV」、文在寅大統領専用車として活用 ……………………………………………………….. 18
P:英国西部諸島のフェリー航路、燃料電池船導入検討開始 ………………………………………………………………………………. 18
P:英AFC Energy、燃料電池電極の連続運転で12か月の連続運転を達成 …………………………………………………….. 19
P:独ElringKlinger AG、2019年国際モーターショーで新型PEM燃料電池スタックを展示 ……………………………….. 20
P:米サンバーナーディーノ国際空港の Luxivair SBD、航空関係者にFCVレンタルサービス開始 ………………… 20
N:現代自動車のFCV、カナダModoのカーシェアリングで利用好調 ………………………………………………………………….. 21
P:英HV Systems、英国初の商業用水素燃料電池バンのプロトタイプ発表 ………………………………………………………. 22
P:マケドニアMikrosam、露JSC DPO Plastikに圧縮ガス用ファイバータンク製造装置納入 …………………………… 22
P:ノルウェーNel、韓国HyNetに資本参加 ……………………………………………………………………………………………………………… 23
P:英Proton Power Systemsと独SchäferElektronik、1MW燃料電池電源開発で合弁設立 ……………………………. 24
N:仏Haffner EnergyとR-GDS、合弁でストラスブールにバイオマス水素実証工場建設 …………………………………. 24
P:米陸軍、ステルス性のある燃料電池地上車両システムの開発を進めている ………………………………………………… 25
P:ノルウェーNel 、アルカリ電解槽製造能力拡張のためヘロヤ工業団地内に新工場建設の用地確保 ………… 26
P:独Linde、スイスHydrospiderの株式10%取得 …………………………………………………………………………………………………… 27
P:米Nuvera Fuel Cells、車両用45 kW燃料電池エンジンの試験完了と製品出荷を発表 ……………………………….. 28
P:スウェーデンPowerCell、アーヘン大学から評価用100kW燃料電池システム受注 ……………………………………… 28
P:デンマークØrsted等3社連合、英政府から低コスト水素の製造検討プロジェクトFS受託 ………………………… 29
P:英ITM PowerとØrsted、英国政府から資金提供を受けギガスタックプロジェクトのFS開始 ……………………… 30
P:独SFC Energy、フィンランドSargoブランドボートにEFOY COMFORT燃料電池搭載を発表 …………………….. 30
P:仏国営鉄道SNCF、スイスアルストムに燃料電池列車15台を発注 ……………………………………………………………….. 31
P:仏CEA-Litenと印国立太陽エネルギー研究所(NISE)、水素分野で関係強化 …………………………………………….. 32
P:米Bloom Energy、インド・バンガロール商業用ビルにBloom Energy Servers納入 ……………………………………… 32
N:欧州FCH JU、オランダ北部でグリーン水素バリューチェーン構築 …………………………………………………………………. 33
N:スウェーデンCell Impact、日本の中西金属工業(NKC)と提携 ……………………………………………………………………….. 34
P:米トレド大学、効率的な水素製造技術開発で米DOEから75万ドルの補助金獲得 …………………………………….. 35
P:ノルウエーNel Hydrogen、3.5 MWアルカリ電解槽を新規受注 …………………………………………………………………………. 35