週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.5.13)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.483 2019.5.13)

【国内情報】
A:物質・材料研究機構、水素液化技術「磁気冷凍」実用化へ向けた取り組み ……………………………………………………… 3
A:中部電力、水素発電実用化へむけNEDOと共同研究 ……………………………………………………………………………………….. 5
N:カワテックス、2019年中に高圧水素タンクを開発 ………………………………………………………………………………………………… 6
P:東邦ガス、豊田市に水素ステーション新設 …………………………………………………………………………………………………………… 6

【海外情報】
N:アムステルダム市、2030年までにガソリン/ディーゼル車を全面禁止 …………………………………………………………… 7
N:アウディ 水素燃料電池の開発を再加速。バッテリー大量生産に懸念 …………………………………………………………….. 7
P:独Überlandwerk等、ライン=マイン地方で水素ネットワーク建設コンソーシアムを結成 …………………………………. 8
P:ノルウェーNCE、ノルウェー西部の海上輸送における液体水素需要の予測レポートを発表 ……………………………. 9
P:英BPと独Uniperなど、製油所へのPower to Gasプロセスの統合の実証試験を計画 ……………………………….. 10
P:HyER、北西ヨーロッパの7都市で燃料電池ゴミ収集車の実証試験HECTORプロジェクトを開始 ……………….. 11
P:仏GRTgaz、水素脆化を低減する導管のコーティング開発で仏CATALYSEと提携 ………………………………………. 12
P:米FuelCell Energy、加州サンバーナーディーノ市水道局と1.4MWの電力供給契約を締結 ………………………….. 13
P:英AFC Energy、EV充電用燃料電池システムの開発で英Rolec Servicesと提携 …………………………………………. 13
P:米Ecolectro、ソーラー水素製造用アルカリ交換膜開発で米エネルギー省SBIRの助成を獲得 ………………….. 14
P:独Proton Powerと蘭MTSA Technopower、大規模燃料電池発電システム製造販売で提携 ………………………. 15
P:スイスEPFL、太陽光で水を直接分解する水素製造システムを開発 ……………………………………………………………….. 16
P:英スコットランドAberdeen市の水素プロジェクトの進捗状況 ……………………………………………………………………………. 17
P:独ZSW、水電解槽の電極に新しいコーティングを採用することで電力密度を20%向上させた …………………….. 18
P:独HYPOS、岩塩空洞(salt cavern)に水素を貯蔵するプロジェクト開始 ………………………………………………………….. 19
P:韓国Nel Korea、韓国Korea Gas Technologyから6台の水素ステーションを受注 ……………………………………….. 20
P:カナダBallard、中国濰柴動力との合弁会社に4,400万ドル相当の燃料電池部品を納入 …………………………….. 21
P:イスラエルGenCell と独 Fraunhofer UMSICHT、アンモニア分解用触媒を共同開発 …………………………………….. 22
P:ノルウェーNel、カナダで初めて水素ステーションを受注 ……………………………………………………………………………………. 23
P:米プリンストン大学、産業排水から微生物と太陽光を使い水素を製造する技術を開発 …………………………………. 24
N:中国安徽省六安市、水素ステーション建設資金の30%を補助 …………………………………………………………………………. 24
P:英CCC、2050年までに温室効果ガスをゼロとする提案を報告書として発表 ………………………………………………….. 25
P:米Center for Hydrogen Safety、Sandia国立研究所などと協力して水素の安全性評価を提供 ……………………. 26
N:独フランクフルト市、33台の燃料電池バスと21台のEVバスの購入を検討 ………………………………………………….. 26
N:H2 Mobility、Shell 、Air Liquide、独フュルト市で水素ステーションを開設 ……………………………………………………….. 27
P:英ITM Power、CCC報告書で水素の役割を強調している点に注目 ……………………………………………………………….. 28
N:カナダ天然資源省、HTECが建設する2箇所の水素ステーションを助成 ……………………………………………………….. 28
N:豪デインツリー熱帯雨林コミュニティ、同国初の水素マイクログリッドを構築 …………………………………………………… 29
P:スウェーデンVattenfallとPreem、大規模水素生産で提携 ………………………………………………………………………………. 30
N:仏ADEMEなど、「Hydrogen mobility ecosystems」プロジェクトの助成対象を発表 ………………………………………… 31
P:仏ENGIE、「Hydrogen mobility ecosystems」の11プロジェクトのうちの4件に参画 ……………………………………… 32

N:韓国蔚山市、5番目となる水素ステーションを開設 …………………………………………………………………………………………… 32
P:カナダBallard、AZETECプロジェクトに新開発の70kW燃料電池モジュール6台を供給 ……………………………… 33
P:スウェーデンPowerCell、北京に営業所を開設 ………………………………………………………………………………………………….. 34
P:ノルウェーNel Hydrogen Electrolyser、1~2MW級コンテナ型水電解装置の販売開始 ………………………………….. 35
N:豪初の公共水素ステーションが2019年12月までに首都キャンベラにオープン …………………………………………… 35
P:台湾清華大学、AFCの白金触媒の表面に溝を作ることで発電効率を2倍にする方法を開発 ……………………… 36
N:仏中南部Bassin d’Aurillac集落で水素ステーションがオープン ……………………………………………………………………… 37
P:独ライン=マイン首都圏の公共路線バスとして8台のメルセデスベンツの燃料電池バス導入 …………………….. 38
P:英バース大学、ペロブスカイト系太陽電池の表面処理にグラファイトコーティングを採用 ………………………………. 38
N:フランス初の燃料電池路線バスが2019年夏、オシェルとブリュエ=ラ=ビュイシエール間で運行開始 ………. 39
P:英VivarailとArcola、燃料電池列車開発で提携 ………………………………………………………………………………………………… 40
P:スイスH2 Mobility Switzerland、会員数が15社になる …………………………………………………………………………………….. 41
N:現代自動車、燃料電池船舶の開発を推進 …………………………………………………………………………………………………………. 42
P:ノルウェーNel Hydrogen 、英London Bus Servicesから水素ステーションを受注 …………………………………………. 42
P:スウェーデンPowerCell、武漢泰歌汽車から10台の燃料電池スタックを追加受注 ……………………………………….. 43
P:英ロンドン交通局、20台の燃料電池2階建てバスを北アイルランドのWrightbusに発注 …………………………….. 44