週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.3.18)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.476 2019.3.18)

【国内情報】
P:東芝、CO2から化学品原料への変換を世界最高レベルで達成 ………………………………………………………………………. 2
P:西部ガス、飲食店に業務用燃料電池をモニター導入 ………………………………………………………………………………………… 3
P:JAXAとトヨタ、FCV技術を用いた有人与圧ローバの開発加速で合意 …………………………………………………………… 4
N:トヨタ、次期FCVに空気浄化機能を付加 …………………………………………………………………………………………………………….. 5
A:東京薬科大、汚水処理のプラントなどで導入が見込まれる微生物燃料電池を開発中 …………………………………. 6
P:兵庫県、「兵庫水素社会推進構想」を策定 …………………………………………………………………………………………………………. 7
P:大陽日酸、川崎水江事業所にCO2 フリー水素充填システムを設置 ……………………………………………………………… 7
N:福岡市、水素ステーションでセルフ充填スタート ………………………………………………………………………………………………… 8
P:経済産業省、平成31年度の家庭用燃料電池システム導入支援を策定。PEFCは補助金なし …………………… 9
P:経済産業省、新しい「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を策定 ……………………………………………………………………….. 9
N:製鉄プロセスのCO2排出を大幅削減するCOURSE50、水素活用とCO2回収の実用化に着手 ……………… 10
P:大和ハウス工業、全天候型3電池連携システムを備えた「災害に備える家」を発売 ………………………………….. 11
P:JXTGエネルギー、千葉市幕張に都市ガス改質方式による水素ステーションを開所 ………………………………….. 12
P:JXTGエネルギーなど、CO2フリー水素を低コストで製造する世界初の技術検証に成功 ………………………….. 13
【海外情報】
N:英E4Tech、Fuel Cell Industry Review 2018を公開 …………………………………………………………………………………………. 15
P:独SFC Energy、シンガポールOneberry の監視装置や監視ロボット向けにDMFCを納入……………………….. 16
P:英Intelligent Energy、無人飛行機(UAV)の出力を2倍に増やすパワーパスモジュールを発表 ……………….. 17
P:ミュンヘン工科大学など、Power to Gasの経済性を実証する研究成果を発表 ……………………………………………. 18
P:カナダBallard、2018年決算報告、売上高は9,660万ドル(前年比20%減)。 ……………………………………………… 19
N:米Continentalと独ケムニッツ工科大学、燃料電池開発で提携 …………………………………………………………………….. 20
N:韓国慶州、2023年までに江東工業団地に200MW級燃料電池発電所を建設 …………………………………………….. 21
N:蘭Hydrohubプロジェクト、2030年までに産業用水素の持続可能な量産技術を実証 …………………………………. 21
P:スペインH2B2、高純度水素製造のPEM水電解装置を開発 …………………………………………………………………………. 22
N:韓国Doosan Mobility Innovationと韓国電力公社、燃料電池ドローン開発で協定を締結 ………………………….. 23
N:オーストリアZillertal Railway、2022年から燃料電池列車の運行を開始 ………………………………………………………. 24
P:スウェーデンmyFCとGränges AB、LAMINA REXの水冷システムを共同開発 …………………………………………… 24
N:韓国ポスコ、水素経済時代に備え研究を加速。FCVの金属セパレータを開発 ……………………………………………. 25
N:韓国の水素ステーションネットワーク建設プロジェクト(HyNet)が正式にスタート ………………………………………….. 26
P:仏FaureciaとMichelin、両社の燃料電池事業を統合して合弁会社設立 ……………………………………………………… 26
N:北京福田汽車、100台の燃料電池物流車と40台の燃料電池バスを受注 …………………………………………………… 27