週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2019.1.21)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.468 2019.1.21)

【国内情報】
A:福島県で官民連携した水素利活用が加速 …………………………………………………………………………………………………………. 3
P:富士フイルム、再生可能エネルギーの導入目標設定。2030年度購入電力の50%を転換 …………………………. 4
P:富士経済、 燃料電池システム世界市場の2030年度市場予測を発表 世界市場 4兆9,275億円 ………….. 5
P:エア・ウォーター、次世代型水素ガス発生装置「VHR」を開発 …………………………………………………………………………. 5
N:三井金属、担体に酸化スズ系材料を採用したPEFCカソード触媒を開発 ……………………………………………………… 7
【海外情報】
N:台湾ITRI、華興電子工業や揚志股份などと提携し、中国に燃料電池自動化生産ラインを構築 …………………. 8
P:米H/Cell Energy、豪で太陽光発電システムや再生可能エネルギー貯蔵ソリューションを提供 ………………….. 8
P:欧州海洋エネルギーセンター、水素製造の副産物である酸素を有効活用できる用途の特定を進める ……… 9
P:スペインH2B2、水電解による水素製造に関する特許成立 ………………………………………………………………………………. 9
P:Ni2(m-dobdc)とよばれるMOFsで11.9g/リットルの水素貯蔵量が確認された …………………………………………. 10
P:豪Fortescue Metals、豪連邦科学産業研究機構の金属水素分離膜の実用化に投資 ……………………………….. 11
N:フランス国鉄(SNCF)、2022年に地域圏旅客輸送サービス(TER)に水素列車を投入 ……………………………….. 12
P:豪クイーンズランド工科大学、水電解触媒として金ドープコバルトニッケル酸化物材料を開発 ………………….. 13
P:独BMVI、地方自治体の水素モビリティプロジェクトを財政面から助成するスキームを発表 ………………………. 13
P:トロント大学、水電解電極触媒としてpHニュートラルで機能するCu-Ni-Cr触媒を開発 ……………………………. 14
P:カリフォルニア工科大学、水電解触媒として炭化金属シート触媒を開発 ………………………………………………………. 15
P:米Argonne国立研究所、白金量を1/4に削減した電極触媒を開発 …………………………………………………………… 15
P:英TCP、ペインズヒルのイルミネーションフェスティバル会場に燃料電池照明機器を設置 ………………………… 16
P:英ITM Power、ドイツの拠点を技術サポート・開発拠点として拡充 ……………………………………………………………….. 17
P:ノルウェーNel Hydrogen、蘭Shellから2基の水素ステーション「H2Station」受注 ………………………………………. 18
P:仏Morbihan Energiesの水素ステーション、Green Solution Awards 2018に選ばれる………………………………… 18
P:米FuelCell Energy、PSEG Long Islandと7.4MWの電力供給契約を締結 …………………………………………………….. 19
P:ノルウェーHavyardプロジェクト、燃料電池船開発で104百万NOK(約13億円)の助成 …………………………… 20
P:ドイツの水素ステーション、2018年末で59か所がオープン …………………………………………………………………………… 20
P:米FuelCell Energy、インフラ投資のGenerate Capitalと1億ドルのプロジェクト融資契約を締結 ……………… 21
P:スペインACCIONA、マジョルカ島に再生可能エネルギーによる水素製造プラントを建設 ………………………….. 22
N:韓国海洋機器研究所など、船舶用SOFC技術の開発をすすめる ………………………………………………………………… 22
P:蘭GreenHydrogen、オランダで初めて水電解式水素ステーションを納入 ……………………………………………………… 23
N:北デンマーク地域とオールボー市、3台の燃料電池バスと水素ステーション建設の契約締結 ………………….. 24
P:独MEMBRASENZ、高効率アルカリ水電解用複合膜を開発 …………………………………………………………………………… 25
P:英ITM Power、豪のユーザー3社から4台の250kW級水電解装置を受注 ………………………………………………… 25
P:仏PAU市、世界初の燃料電池バス高速輸送システム(BRT)導入の準備作業が始まる …………………………… 26
P:独HPS Home Power Solutions、家庭用エネルギーシステムの一般販売を開始 ………………………………………… 27
P:米SAFCell、シェルカナダの天然ガス井戸で50Wリモート電源システムのテストを実施 …………………………….. 27
P:独Linde Material Handling、フォークリフトのロードスターモデルに燃料電池仕様を設定 ……………………………. 28
P:米Bloom Energyと韓国SK E&C、3つの新しいSOFC導入プロジェクトを契約 ………………………………………….. 29
P:米ゴア、中国Sunrise PowerによるExcellent Supplier Awardを受賞 …………………………………………………………… 30
P:独ZFの電動パワートレイン、燃料電池バスに初めて搭載 …………………………………………………………………………….. 30
P:独BASF、天然ガスを直接水素と炭素に分解する技術開発をすすめる ………………………………………………………… 31
P:英AFC Energy、燃料電池式EV充電装置の実証に成功 ………………………………………………………………………………. 32
N:独グロース=ゲーラウ市、2030年までにすべてのバスを燃料電池バスに転換 ………………………………………….. 33
N:韓国、2040年までにFCV620万台、水素ステーション12,000か所とするロードマップ発表 ………………………. 34
N:米RONN Motor、中国でFCVと水素ステーションを開発する二つの提携を発表 ………………………………………… 35