週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2018.11.19)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.461 2018.11.19)

【国内情報】
P:日本郵船、船舶の脱炭素化に向けた取り組み「NYKスーパーエコシップ2050」を発表………………………………… 3
P:世界初!水素社会の実現に向けて閣僚レベルで議論する「水素閣僚会議」 …………………………………………………. 3
N:徳島空港に水素ステーション開設 ………………………………………………………………………………………………………………………. 5
P:青木環境事業(新潟市)本社敷地内にFCフォークリフト用水素ステーションが完成 ……………………………………. 5
P:アクトリーと東京大学、太陽光発電を利用した水素製造システムを共同開発 ………………………………………………… 5
P:東京ガス、2019年に「豊洲水素ステーション」を開設 ………………………………………………………………………………………… 6
【海外情報】
A:豪が水素開発に注力、拡大する日本需要などに照準(FCW 2018.10.29号で既報) ……………………………………. 8
A:GMと米陸軍、水素燃料電池を搭載する軍用車シボレー「シルバラード ZH2」を開発 ………………………………….. 8
N:韓国、2019年全国にFCバス・FCVを大量普及(FCW 2018.11.12号で既報) ……………………………………………… 9
N:豪露の共同研究、ナフィオン膜の膨潤メカニズムを解明 ………………………………………………………………………………… 10
P:独HPSの電力貯蔵・発電システム「Picea」 、2017年 WIWIN賞を獲得 ……………………………………………………….. 10
P:英国で微生物燃料電池技術「PEEPOWER」を実用化するベンチャー企業Robialが設立 …………………………… 11
P:スイスEPFL、有機金属構造体(MOF)を材料とした水浄化と水素生成に利用できる光触媒を開発 ………….. 12
N:カナダブリティッシュコロンビア大学、水の排出をスムースにする電極の前処理技術を開発 ……………………… 13
P:米FCET、石油や天然ガス掘削井戸で発生するメタンを燃料として処理するSOFC発電システムを開発 .. 13
P:仏McPhy、15か所目の水素ステーションをトゥーレーヌ・インドール・バレーに開所 ……………………………………. 14
P:伊Enapter、アニオン型水電解装置「EL 2.0.」を開発 ……………………………………………………………………………………….. 14
P:蘭PitPoint、オランダで3か所目となる水素ステーションを2019年6月に開所 …………………………………………. 15
P:Mercedes-Benz GLC F-CELL、2018年中にNOW、ドイツ鉄道などからレンタル方式でスタート ……………….. 16
P:カナダBallardと中国濰柴動力(Weichai )、株式投資を含む協業作業が終了 ……………………………………………. 16
P:米HyperSolar、水素製造パネルを少量生産するパイロットプラント建設を計画 …………………………………………… 17
P:米Nikola、欧州向けNikola Treの予約380百万ドルを含め120億ドルの受注を確保 ………………………………. 18
P:英AFC Energyのアルカリ形発電システムの現状。2019年に商業化が始まる。 ………………………………………… 18
A:ドイツで進んでいるグリーン水素製造プロジェクトの概説記事 ……………………………………………………………………….. 19
N:中国・長城汽車集団、オーストリア拠点を拡充して電動車開発に特化………………………………………………………….. 20