週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2018.11.5)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.459 2018.11.5)

【国内情報】
P:東北大学と前川製作所、「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」で72時間の連続運転に成功 ………….. 3
P:東レ、世界最高レベルの水素精製高分子分離膜を創出 ………………………………………………………………………………….. 3
P:JXTGエネルギー、中国石油化工集団と水素事業における協業検討に関する覚書を締結 …………………………. 5
P:トヨタ、FCV「MIRAI」を一部改良 …………………………………………………………………………………………………………………………… 5
P:鈴木商館、中部国際空港貨物地区において燃料電池フォークリフト用水素充填所の運用を開始 ……………… 6
P:パナソニック、純水素燃料電池を2021年春に発売開始 ………………………………………………………………………………….. 6

【海外情報】
P:独RUBとマックスプランク研究所、白金と同等の活性を示す合金触媒を発見 ………………………………………………. 8
P:ネゲヴ・ベン=グリオン大学など、過酸化水素の光化学的分割のメカニズムを初めて解明 ………………………… 8
P:ニュージーランドTIL とHiringa Energy、水素輸送技術の実用化で提携 ……………………………………………………….. 9
N:米国における燃料電池バスの最新走行状況 …………………………………………………………………………………………………… 10
P:現代自動車と北京・清華工業開発研究院、「水素エネルギーファンド」を設立 ……………………………………………… 11
P:米UQM Technologies、新しい燃料電池圧縮機システム「PowerPhase®FCS」を開発 …………………………………. 11
P:ジョージア工科大学など、メタンで発電できる低温SOFCの触媒を開発 ………………………………………………………. 12
P:GM、米国独自のNZEV普及プログラム導入を提起 ………………………………………………………………………………………… 13
P:米Lawrence Berkeleyなど、水素と電気を同時に生成する人工光合成システムを開発 …………………………….. 14
N:中国Snowman Group、水素・燃料電池車展で燃料電池システムなどを展示 ………………………………………………. 15
P:トヨタ、SEMAショー会場で自動ピザ焼き機能がついたFCVタンドラを発表 …………………………………………………. 15
P:西オーストラリア政府、広大な土地と再生可能エネルギー資源を生かして水素市場参入を検討 ……………… 16
P:米Buffalo大学、白金代替触媒としてマンガン系触媒を開発 …………………………………………………………………………. 17
P:仏Air Liquide、水素ステーション検索アプリ「H2 Station Finder」をフランスのユーザーに提供 …………………. 18
N:蘭Holthausen、車を水素燃料に転換する製造能力を年間500台に拡大 …………………………………………………….. 18
N:英AFC Energy、豪Southern Oil Refiningの精油所にAFC燃料電池を設置する準備が進行中 ………………. 19
N:ノルウェーHexagon Composite、米New Flyerから高圧水素タンクを受注 ……………………………………………………. 20
P:スイスABBとノルウェーSINTEF、推進用に使う船舶用燃料電池の実用化に向けた開発を加速 ………………. 20
P:米FuelCell Energy、コネチカット州Derbyで14.8MWのPPA契約を締結 ……………………………………………………. 21
P:米Plug Power、転換社債発行で3,500万ドル(約39億円)を調達 ……………………………………………………………….. 22
P:米Frost & Sullivan、米 Altergy Systemsの燃料電池を2018年北米新製品革新賞に選定 ………………………. 22
P:仏Air Liquideと中Houpu、水素ステーションネットワーク建設で協業 …………………………………………………………… 23
N:現代自動車、燃料電池事業部を新設 ……………………………………………………………………………………………………………….. 24
P:ウン・タト・ユン教授が大気水から水素燃料を製造するグリーンエネルギーソリューションを発表 ……………… 24