週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2018.10.22)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.457 2018.10.22)

【国内情報】
P:東芝ES、フィリピン電化庁と自立型水素エネルギー供給システムの普及に向けた協業で合意………………….. 2
P:東京ガス、都市ガス改質型水素発生装置の実証試験を開始 ………………………………………………………………………….. 2
P:岩谷産業、イワタニ水素ステーション芝公園でFCVへのセルフ式水素充填を導入 ……………………………………… 3
P:JXTGエネルギー、ENEOS横浜綱島水素ステーションでFCVへのセルフ式水素充填を導入 ……………………. 4
P:日揮、世界初の再生可能エネルギー由来の水素を用いたアンモニア合成と発電に成功…………………………….. 4
【海外情報】
P:仏Air Liquide、韓国に新しく4か所の水素ステーションを建設することを発表 ………………………………………………. 6
P:仏MAHYTECなど水電解・燃料電池発電による完全自立式電力供給システムを開発 ………………………………… 7
P:米Sandia国立研究所、液体水素貯蔵水素ステーションの安全性を高める …………………………………………………… 7
N:米ハワイ空軍緊急援助隊(HIANG)、5kW可搬型燃料電池を始めて利用 ………………………………………………………. 8
P:カナダHydrogenics、ドイツの水素ステーション向けに大規模PEM型水電解装置を受注 ……………………………. 9
P:独Proton Power とe.GO Mobile、燃料電池エクステンダーを生産する合弁会社設立で合意 …………………… 10
P:シンガポールHorizon Fuel Cell Technologies、車載用超薄型カーボンセパレータを開発 ………………………….. 11
P:スウェーデンmyFC、2018年10月開催のシーテック展で、日本で発売する携帯電話充電器を発表 ……….. 11
P:EU「 COSMHYC」プロジェクト、水素ステーション向けの新しいハイブリッド圧縮方式を開発 ………………………. 12
P:独Daimler、2018年10月に発売が始まるFCV「GLC F-CELL」の詳細を発表 ……………………………………………. 13
P:米HyperSolarの太陽光を使い水素を製造する技術「GEN 2」の特許成立 …………………………………………………… 15
P:独ザクセン州ライプツィヒで、新しい水素ステーションが開所 ………………………………………………………………………….. 15
P:米Brown大学、白金触媒使用量を低減できる白金・コバルト合金触媒を開発 ……………………………………………. 16
P:独TenneT、Gasunie、Thyssengasの3社、ドイツ最大のPower-to-Gasプロジェクトを計画 …………………….. 16
P:英Microcab、Coventry大学で開催のイベントで独MAHLEと共同開発の新しいFCVを披露 ………………… 18
P:スウェーデンmyFC、携帯電話充電器の燃料カードを識別する技術を開発 …………………………………………………. 18
N:現代自動車、2025年までにFCV5000台をフランスに輸出するという目標を設定 ………………………………………. 19
P:カナダBallard、加州ZECAPプロジェクトに参加のターミナルトラックに燃料電池モジュール供給 …………….. 20
N:ロシアRUDN大学、太陽光で水素の生産が可能な光触媒を開発 ………………………………………………………………… 20
P:独Graforce、産業廃水から高効率で水素を生産するPlasmalysis技術を開発 ……………………………………………. 21
P:蘭Nouryonなど、アムステルダム地域で大規模な水素製造の実現可能性について共同で調査実施 ……… 22
P:中国科学院大連研究所、DMFCとスーパーキャパシタをベースにしたハイブリッドデバイスを開発 ………….. 22
N:独EPH-Elektronik、TÜV SÜDの認証を得た初のモバイル用オフグリッド燃料電池電源を発表 ……………….. 23