週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2017.8.28)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(2017.8.28)

【国内情報】
A:日揮やIHI、アンモニアによる水素発電やアンモニア燃料電池を開発 …………………………………………………………….. 2
P:住友金属鉱山、2018年前半にSOFC電極用酸化ニッケル粉の量産化実証設備を導入…………………………….. 3
N:東工大、神奈川県立産業技術総合研究所など、カーボン担体フリーの白金合金ナノ粒子連結触媒を開発  3
A:日本の水素ステーションの設置、厳しい規制と高コストが壁になり進まず ……………………………………………………… 4
P:京都大学、イリジウム触媒1つで水素の貯蔵・放出が可能(FCE 2017.8.7既報) ……………………………………….. 5
P:東レ、愛媛工場に次世代炭素繊維を開発する革新プロセス開発設備を導入 ………………………………………………… 5

【海外情報】
N:インドネシア、年内にEVやHV普及のためのLow Carbon Emission Vehicleプログラム策定 ……………………. 6
N:メルセデスベンツ、2017年9月開催のフランクフルトモーターショーで次世代プラグインFCVを公開 ……….. 6
A:米国Hysterの大型トラックや港湾トラックの電動化の現況 ……………………………………………………………………………… 8
P:仏McPhy、英国の水素ステーション市場に参入 ………………………………………………………………………………………………… 8
P:英ITM Power、水素ステーションに対する助成を充電ステーションと同等にすべきと要請 …………………………… 9
P:米Element 1、中国Synergyにメタノール改質式水素ステーション(100kg/日)を1台納入 ……………………… 10
P:独Daimler、Linde、Shell、SindelfingenとPforzheimの2箇所で水素ステーション開設 ……………………………… 10
P:中通客車と中山大洋電機、合弁で燃料電池システムの製造会社を設立 …………………………………………………….. 11
P:米LLNL、効率的で安価な水電解触媒を開発 ………………………………………………………………………………………………….. 12
N:米Servco Pacific、ハワイ初の水素ステーションを建設 ………………………………………………………………………………….. 12
N:ノルウェーStatoil、蘭Vattenfallなど440MW級IGCCを水素発電に転換するFS実施で合意 …………………. 13
P:米JPMorgan Chase、2020年までに100%再生可能エネルギー依存を宣言 ………………………………………………. 14
P:米Rice大学、水電解用触媒として表面が泡状になったグラフェンシートを開発 ………………………………………….. 14
N:現代自動車のFCV「Hyundai ix 35」、欧州で走行距離6万kmを達成 …………………………………………………………. 15
P:デンマークSerEnergy、世界5カ国で通信会社向け燃料電池システムを開発 …………………………………………….. 15
P:スイスJülich、SOFCセルで10年間の長期耐久試験をクリア ……………………………………………………………………….. 16
P:豪CSIROが開発している水素分離膜の開発の現状について ………………………………………………………………………. 16
P:現代自動車、2018年初のCESで詳細を公表する次世代FCVを一部発表(FCW2017.8.21既報) …………… 17
P:英BOC、豪CSIROのアンモニアから水素を分離する技術開発を支援 ………………………………………………………… 18
P:カリフォルニア州Torranceで同州30番目の水素ステーションが開所 …………………………………………………………. 19
P:独BASFとbse Engineering、余剰電力とCO2でメタノールを生産するプロセス技術を共同開発 ……………… 19