「FUEL CELL WEEKLY」(No.553 2020-10-20)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.553 2020-10-20)

【国内情報】
N:JR東日本、東京駅から竹芝複合施設へ無料バスとして燃料電池バスの運行を開始 ………………………………….. 3
N:金沢大や金沢工大でバイオ燃料電池の研究が進む ………………………………………………………………………………………… 3
N:札幌、水素先進都市へ発進。市がFCVなど需要調査、インフラ整備急ぐ。 ……………………………………………………. 4
N:再エネで賄う水素ステーション、8割、補助金要件満たさず、会計検査院調べ。 ……………………………………………. 5
P:三菱重工業、ノルウェーの水素製造装置会社ハイドロジェンプロに出資 ………………………………………………………… 5
P:アサヒGHD・西濃運輸・トヨタなど、2022年春に燃料電池大型トラック実証 ……………………………………………………. 6

【海外情報】
P:米MA州など14州とDC、2050年までにZEV販売を100%とする協定締結 ……………………………………………….. 7
N:英Cadent North London、緊急車両として5台の燃料電池車を導入 ……………………………………………………………… 7
P:米Element 1、RIX Industriesに車載用水素製造システムのライセンス供与 …………………………………………………. 8
P:米FuelCell Energy、Advanced Technologiesプログラムの最新情報を更新 …………………………………………………… 9
P:イスラエルGenCell、TierOneテレコムプロバイダーのセルタワーサイトにGenCellG5設置 ……………………….. 10
P:デンマークBlue World Technologies、メタノール燃料電池の限定生産を開始 ……………………………………………… 10
P:米Bloom Energyのこれまでの歩み …………………………………………………………………………………………………………………… 11
P:米BayoTechとNew Mexico Gas Companyが提携。 ………………………………………………………………………………………. 12
P:仏GAUSSIN、2タイプの燃料電池物流車両を発表 …………………………………………………………………………………………. 12
P:仏Faurecia、Gaussinが開発している新しい燃料電池物流車両に水素貯蔵システムを供給 …………………….. 13
P:ノルウェーWärtsilä、舶用燃料電池プロジェクトを支援 ……………………………………………………………………………………… 13
P:独Linde Material Handling、スイスの各地で最初の燃料電池フォークリフト「F30」展示 ………………………………. 14
P:仏EODev、トヨタの燃料電池技術をベースに60kW級REXH2を開発 ………………………………………………………….. 15
P:米Nuvera、中国のトラック・バス用に45kW燃料電池システムを開発 …………………………………………………………… 15
P:米DOE、燃料電池トラックと水素製造R&Dを推進するコンソーシアムを立ち上げ ……………………………………… 16
P:米Aris Energy Solutions、伊SolidPowerのSOFC燃料電池の米国での普及を狙う ………………………………….. 16
N:独Pierburg、BMWに水素循環ブロアを供給 …………………………………………………………………………………………………….. 17
P:仏Total、米HYZON Motorsに投資 …………………………………………………………………………………………………………………… 18
P:デンマークHaldor Topsoeは、Science誌に固体酸化物電解セル(SOEC)に関する記事掲載………………….. 18
P:米Fuel Cell Energy、米DOEから固体酸化物電解の実証で800万ドルの助成を受ける …………………………… 19
P:独Daimler Truck、燃料電池の量産前生産を2021年から現在建設中の新施設で開始 …………………………….. 19
P:独Hyenergy 、2019年冬に現代自動車FCVとTeslaBEVをスキー旅行でパフォーマンス比較 ……………….. 20
P:米DOE、Million Mile Fuel Cell Truck(M2FCT)など3プロジェクトを開始 ……………………………………………………… 21
P:ポーランドORLEN Group、水素小売りネットワーク建設を開始 ……………………………………………………………………… 22
P:米Cumminsと豪Bushtech、EV仕様とFC仕様の次世代低床トランジットバスを開発 ………………………………. 23
P:米ペンシルベニア州立大学、逆浸透膜(RO)を使う新しい海水電解槽を開発 ……………………………………………… 24
P:独FraunhoferIWS、Daimlerなど、グラファイトコーティングセパレータを開発 ……………………………………………….. 24
P:ドイツ航空宇宙センター、燃料電池を搭載したSafe Light Regional Vehicle(SLRV)を開発 ……………………….. 25
P:インドCSIRとKPIT、独自開発した燃料電池搭載のFCVプロトタイプ車開発 ……………………………………………… 26
N:独Fraunhofer ISI、大型トラックをFCトラックで代替の場合、140のHRSで十分と試算 …………………………….. 27
N:韓国国会、シャトルバスとして現代自動車の量産型燃料電池バスを導入 ……………………………………………………. 27
P:スウェーデンCell Impact、メタルセパレータの新工場で生産準備完了 …………………………………………………………. 27
P:スウェーデンSernekeとマリーエスタッド自治体、太陽・水素幼稚園を共同で建設 ……………………………………… 28
P:現代自動車、シンガポールにオープンイノベーションラボを建設 ……………………………………………………………………. 29
P:米Chart Industries、Theodoreの極低温トレーラー、液体水素トレーラー資産を買収 ………………………………… 30
N:英Capgemini Invent、グリーン水素など55のテクノロジーが気候中立に有効と指摘 …………………………………. 30
N:ロシアNAMI、Rosatomなど燃料電池車開発を策定 ……………………………………………………………………………………….. 31