「FUEL CELL WEEKLY」(No.552 2020-10-12)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.552 2020-10-12)

【国内情報】
N:千代田化工建設、CO2電解還元技術実用へ、27年めどパイロット実証 ………………………………………………………. 4
P:日立造船、清掃工場にメタネーション設備の設置工事開始。稼働後は125N㎥/hのメタンを製造 ……. 4
P:石福金属、車載用燃料電池触媒を高度化、NEDOプロジェクト参画 ………………………………………………………………. 5
N:千代田化工建設、CO2改質技術の普及を目指す ………………………………………………………………………………. 5
N:日立造船、パワー・ツー・ガス実証加速、再エネをCO2フリー燃料変換 …………………………………………………………. 5
P:日本曹達と京大、PtとWの新規な固溶合金ナノ粒子による高活性な水素発生電極触媒を開発 ………………. 6
N:三菱重工業、ガスエンジンをベースとした分散電源向け水素エンジンを2030年代に実用化 ……………………… 6
P:山梨大と早大、繰り返し充放電可能な全高分子形燃料電池を開発 ……………………………………………………………….. 7
P:JR東日本、日立製作所、トヨタ、共同で燃料電池ハイブリッド試験車両を開発……………………………………………… 8
P:トヨタと日野自動車、北米で燃料電池大型トラックを共同開発 …………………………………………………………………………. 9
N:クラレ、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)市場に本格参入。 ………………………………………………………………………. 10
P:東芝エネルギーシステムズ、船舶や鉄道などの移動体向け純水素燃料電池モジュール開発を加速 ………. 11
P:産総研、人工光合成による海水分解の反応選択性を制御する触媒機構を解明…………………………………………. 12

【海外情報】
N:米新興EVニコラに詐欺疑惑、 ……………………………………………………………………………………………………………………………. 13
P:米Wood Mackenzie、韓国のグリーン水素のコストが2030年で1/2になる可能性を指摘 ……………………….. 14
P:EU燃料電池プロジェクト、新開発スタックでMW級の発電プラントを開発 ……………………………………………………. 14
P:ICCT、中国の燃料電池車開発の現状を分析 …………………………………………………………………………………………………… 15
N:カナダProton Technologies、7.6セント/kgで500t/日の水素を製造できる技術開発 …………………………….. 16
P:オーストリアの電力会社Verbund、欧州クリーン水素アライアンスに参加 …………………………………………………….. 17
P:デンマークのコペンハーゲン大学など、白金コバルトナノワイヤーネットワーク触媒を開発 ……………………….. 17
P:スコットランド政府、新しいローエミッションバス導入プロジェクトSULEBSを開始 ………………………………………… 18
P:新源動力、中大型トラック向け110kW燃料電池スタックをFCVC展に出展 …………………………………………………. 18
P:独Smart TestsolutionsとMicroNova、燃料電池ECUの総合的なシミュレーターを共同開発 …………………… 19
P:四川省政府、「四川省水素エネルギー産業発展計画」を発表 ……………………………………………………………………….. 20
P:伊SnamとA2A、石炭火力発電所を天然ガスや水素、天然ガス/水素へ転換する開発を共同実施 …………. 20
P:独H2Berlin、「H2Berlinロードマップ」を発表。熱供給と輸送部門での水素使用を提言 ………………………………. 21
A:フランス水素プロジェクトの現状 …………………………………………………………………………………………………………………………. 21
P:WASCALとECREEE、西アフリカにおけるグリーン水素プロジェクトを共同で推進 ………………………………………. 21
N:中国仏山市、燃料電池トラックに走行距離に応じて特別補助金を支給 ………………………………………………………… 22
P:英CeresPower、2020年6月決算を発表。売上高19.9百万ポンド、前期比21.9%増 ……………………………….. 22
N:ノルウェーTECO 2030、オーストリアAVLなど、タグボート向け燃料電池システムを開発 ………………………….. 23
P:独Siemens Energy、フランクフルト証券取引所に上場 ……………………………………………………………………………………. 23
P:カナダINRS、直接型燃料電池で隔膜(電解質膜)のない混合反応型燃料電池を設計 ………………………………. 24
N:中国国家電力投資集団(SPIC)、新しい燃料電池スタック・システムを発表 …………………………………………………. 24
P:独H-Tec Systems、PEM電解槽を水素モビリティプロジェクト「eFarm」に納入 ……………………………………………. 25
P:独フラウンホーファーIKTSなど、製鉄所のCO2排出削減には水素直接還元が最も有効と発表 ……………… 26
P:独Thüga、European Clean Hydrogen Allianceに参加 ……………………………………………………………………………………… 26
P:独BAM、水素の安全性に関する欧州研究プロジェクトを主導、H2Safety@BAMセンター設立 ………………….. 27
P:独Wintershall Dea、エネルギー供給確保とCO2排出削減が両立する天然ガスの利用拡大を主張 ………… 28
P:独Siemens Energyは、水素グローバルコミュニティ(Hydrogen Global Community) に参加 ………………………. 28
P:ベルギーAgfa、欧州クリーン水素同盟 (European Clean Hydrogen Alliance)に参加 …………………………………… 29
N:ウィーン大学など、暗黒発酵バイオ水素生産がThauer限界を超えて増加する可能性を証明 ………………….. 29
P:独Fraunhofer Solar Energy Systems、燃料電池電極の量産技術でf-cell Award 2020を受賞 ………………… 29
P:カナダIonomr Innovations、炭化水素系電解質膜などの開発でf-cell Award 2020受賞 …………………………… 30
P:米Bonneville環境財団など、米ワシントン州初の水素ステーションを建設 …………………………………………………… 31
P:独FEV、「欧州クリーン水素アライアンス」に参加 …………………………………………………………………………………………….. 31
P:蘭フローニンゲン州、2020年3月実施の燃料電池列車の走行実証結果を公表 ………………………………………… 32
P:蘭Gasunie、ロッテルダム港など、水素取引所の設立に向け予備調査を開始 …………………………………………….. 32
N:蘭ハーグ市のFCVタクシーフリート、累計150万kmを達成 ………………………………………………………………………… 33
N:豪ニューサウスウェールズ大学、グリーン水素の生産コスト削減の要因パラメーターを特定 …………………….. 33
P:独DLR、グリーン水素経済が成功するにはセクターカップリングと国際協力が重要と指摘 ……………………….. 34
P:スウェーデンNilsson Energy Group、ヨーテボリ市にH2イノベーションハブ開設 ………………………………………… 35
P:米Chart Industries、Plug Powerから液体水素貯蔵・輸送機器を780万ドルで受注 ………………………………….. 35
N:米Black&Veatch、水素安全センター(CHS)へ参加……………………………………………………………………………………….. 36
P:豪Queensland大学、クイーンズランド州初の燃料電池バスを2台導入 ………………………………………………………. 36
P:蘭Shell、海運部門の脱炭素化の道筋を示すレポートを公開 …………………………………………………………………………. 36
P:ノルウェーOdfjell、Prototechなど、燃料に柔軟性のある舶用燃料電池システムを開発 …………………………….. 37
P:ノルウェーUlstein、燃料電池ハイブリッド風力タービン設置船(WTIV)を開発 ……………………………………………….. 38
P:米HYZON Motorsは豪WarpForgeと提携、燃料電池バス「SuperBus」を開発 ……………………………………………. 38
P:チリEnel Green Power Chileなど、風力発電由来の水素製造プロジェクトを開始 ……………………………………….. 39
P:蘭New HollandとBlue Fuel Solutions、水素エンジントラクターを開発 …………………………………………………………. 39
N:韓国の現代自動車、2020年1~7月のFCV販売台数は2,879台で一位 …………………………………………………… 40
P:米Cafcp、2020年9月現在のFCV販売台数、水素ステーション稼働件数などを公表 ………………………………. 41
P:米McKinseyは「Road Map to a US Hydrogen Economy」発表……………………………………………………………………….. 41
P:ノルウェーØrstedとYara、洋上風力発電の電力でアンモニア生産用水素製造を計画……………………………….. 42
P:豪Infinite Blue Energy、豪最大の再エネ由来の水素製造プロジェクトで英Petrofacと提携 ……………………… 43
P:ノルウェーNel Hydrogen Fueling、デンマークEverfuel から水素ステーションを受注 …………………………………… 43
P:英Birmingham市議会、Wrightbusの燃料電池バス20台を導入 ………………………………………………………………….. 44
P:カナダLoopEnergyのFCスタック搭載の開沃新能源のFCバス、MIITからインデックス承認 ………………….. 44
P:独Siemens EnergyとSiemens Mobility、列車用の燃料電池システム開発などで提携 ………………………………. 45
P:タイEGCOグループ、韓国で19.8MWの江東燃料電池発電所のオペレーションを開始 …………………………….. 46
P:ベルギーDEME、European Clean Hydrogen Allianceに参加 ………………………………………………………………………….. 47
P:スイスMSC Mediterranean Shipping Company、コンテナ船の燃料として水素に注目 …………………………………. 47
P:FCH JUの燃料電池バスプロジェクトJIVE1/JIVE2、200台のマイルストーンに到達 ……………………………….. 48
P:英Variohm EuroSensor、加圧水素アプリケーション用の温度センサーを開発 …………………………………………….. 49
P:スペイン政府、「水素ロードマップ:再生可能な水素への取り組み」を承認 ……………………………………………………. 50
P:米H / Cell Energy、会社名をVision Hydrogen Corporationに変更 ……………………………………………………………… 50
N:英Protium、グリーン水素を利用してゼロエミッション工場を実現するFS実施 ……………………………………………. 50
P:仏Faurecia、車載用水素貯蔵システムに特化したグローバルセンターを開設 …………………………………………….. 51