「FUEL CELL WEEKLY」(No.551 2020-10-05)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.551 2020-10-05)

【国内情報】
P:AZAPA、北京モーターショーで超小型FCV「AZAPA-FDS Concept」を発表 ………………………………………………….. 3
P:NEDO、発電効率68%を実現する1400℃級酸素水素ガスタービン発電システムを開発 …………………………….. 3
P:新日本電工、ENEOSの水素ステーションに純水製造装置を納入 …………………………………………………………………. 5

【海外情報】
P:米DOE- ARPA-E、航空機用全電気パワートレーン開発プロジェクトを開始 …………………………………………………. 6
P:米Nikola、ショートセラーHindenburg Researchの疑惑に反論 …………………………………………………………………………. 6
A:ニコラの危うい事業モデル、技術進展に依存。水素燃料の構想は大幅なコスト低下も前提 ………………………… 7
A:疑惑のEVメーカー「ニコラ」が開発続行、2021年にEVトラック「Tre」発売へ ……………………………………………….. 7
P:英RenewableUK、レポート「Renewable Hydrogen – Seizing the UK Opportunity」発表 ………………………………… 8
P:英王立学会(Royal Society)、アンモニア製造のグリーン化に関する報告書を公開 ……………………………………… 9
P:ベルギーCenergy Holdings、欧州水素アライアンスに参加 ……………………………………………………………………………….. 9
P:カナダ水素・燃料電池協会によるBallard、Plug Powerなどのインタビュー映像 ………………………………………….. 10
P:仏HORIBA FranceとCRMT、共同で「Center of Expertise in Hydrogen」を設立 …………………………………………. 10
P:スコットランドDeepWindと独WAB.e.V、洋上風力と洋上水素製造で提携 …………………………………………………….. 11
P:米Plug PowerとApex Clean Energy、グリーン水素サプライチェーン建設で提携 ……………………………………….. 12
P:米Plug Power、独Lindeと提携して、Class6/Class 8燃料電池トラックの実証運転を実施 ……………………… 12
P:独Fischer eco solutions、フラウンホーファー研究機構の研究プロジェクトに参加 ………………………………………. 13
P:米Eaton、TVS燃料電池ブロワーを開発 …………………………………………………………………………………………… 13
P:米BayoTech、コロンビアLa Puerta Columbiaと代理店契約を締結 ……………………………………………………………… 14
A:航空機の脱炭素化に関する調査報告書 ……………………………………………………………………………………………….. 14
P:米法律事務所Pillsbury、水素チームを立ち上げ ……………………………………………………………………………………………… 15
P:韓国現代モービスなど、中型燃料電池フォークリフトを開発 …………………………………………………………………………… 15
P:独TUV Rheinland、上海重塑科技と合肥科威、江蘇国富瑞氢と提携 ……………………………………………………………. 16
P:米Plug Power 、液体水素製造のためBrookfield Renewableから再生可能エネルギーを調達 ……………….. 16
N:韓国世宗市庁舎に初の水素ステーションが完成……………………………………………………………………………………………… 17
P:英ZeroAvia、6人乗り燃料電池飛行機「Piper M-class」の世界初の飛行試験を完了 ………………………………… 18
P:英ZeroAviaの6人乗り燃料電池飛行機、スウェーデンPowerCell の燃料電池を使用 …………………………….. 19
P:米SunHydrogen、投資ファンドCHS Investmentsからの400万ドルの投資受け入れ ………………………………… 19
P:伊フィンカンティエリ造船所、燃料電池実験船「ZEUS」を起工 ………………………………………………………………………… 19
P:英National Hire 、AJC Trailersの太陽電池・燃料電池キャビンを建設現場に設置 …………………………………… 20
N:インドの道路交通省は、燃料電池車の安全性評価基準を発表 ……………………………………………………………………… 21
P:独Siemens、バイエルン州ヴンジーデルにドイツ最大規模の水素製造プラントを建設 ……………………………….. 21
N:スウェーデンPowerCell、南アフリカの軍野戦病院に燃料電池システム「PS-5」を設置 ……………………………… 22
P:北京低碳の35MPa水素充填ポンプ、ドイツTÜV SÜDの認証を取得 …………………………………………………………… 22
P:現代自動車、サウジアラビアにFCV2台と燃料電池バス2台を輸出 ……………………………………………………………. 23
P:仏Lhyfe hydrogen、Bouin風力発電所を建設、風力発電と電解槽により300kg/日の水素を製造 ………….. 23
P:仏PSAグループ、Symbioの燃料電池システム搭載の燃料電池商用車100台を2021年に発売 …………… 24
P:カナダBallardと独Mahle、トラック用燃料電池システムの開発と商品化で提携 ………………………………………….. 25
N:英Proton Motor Power Systems、伊Fincantieriから144kW舶用燃料電池システムを受注 …………………….. 25
P:カナダBallard、Vancouver工場のMEA生産能力を6倍の年間600万枚に引き上げ ………………………………. 26
P:独INNIO、1MWの水素コージェネ用ガスエンジンがテストに合格 ………………………………………………………………….. 27
P:米FuelCell Energy、Connecticut州で2.8MWの燃料電池発電所を4か所で建設 ……………………………………… 27
P:独Heraeus、イリジウム含有量を削減したPEM電解用高性能低コスト触媒を開発 ………………………… 28
P:米Knight-Swift、2035年までにトラックから排出のCO2を半減するイニシアティブを開始 ………………………… 28
P:米Nexceris、可逆性固体酸化物電解セルの商業化でDOEから300万ドルの助成 …………………………………… 29
P:英国初の燃料電池列車「HydroFLEX」、英国鉄度の本線を初めて運行 ………………………………………………………… 30
P:米Nikola、戦略とビジョンを発表 ……………………………………………………………………………………………….. 30
N:オーストラリア、水素、電力貯蔵、CCSなど低排出技術の開発推進 ……………………………………………………………… 31
A:カリフォルニア州、2035年までにガソリン車の販売禁止。実現へ高いハードル …………………………………………… 32
N:四川省、水素エネルギー産業発展計画を発表、成都~重慶間を発展軸に …………………………………………………. 32
N:ドイツBW州、自動車産業戦略会議で活動の進捗を評価 ………………………………………………………………………………. 33
N:英ジャガー・ランドローバーの動向に注目。グリーン水素がキーか ……………………………………………………………….. 34
N:英ジャガー・ランドローバー 水素燃料の大型SUV 生産化を目指す ………………………………………………………….. 35
N:米カリフォルニア州、2035年までにガソリン車の新車販売を禁止と発表 ……………………………………………………… 35
N:北京モーターショー2020、新ブランド車が注目を集める ………………………………………………………………………………….. 37
A:中国における燃料電池・水素エネルギーの開発動向と将来展望(5) …………………………………………………………… 38