「FUEL CELL WEEKLY」(No.550 2020-09-28)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.550 2020-09-28)

【国内情報】
P:NEDO水素エネルギーシステム技術開発事業(福島県浪江町)に旭化成などが参加し、期間延長 ……………. 3
P:九州大学、水素原子を鋼材の中へ侵入させることで、鋼材を高性能化する実験に成功 ……………………………… 4
N:三菱ケミカル、米エバンストン工場を改造し、高弾性炭素繊維の供給能力を拡大 ………………………………………… 5
N:東レ、FCV向け炭素繊維の生産量を2020年度中に日米で5割増やす ………………………………………………………… 5
N:トヨタ、「北京モーターショー2020 」に次世代FCV「ミライ」コンセプトを出展 …………………………………………………… 6
N:水素パワー、中国の商用車向けに車載用燃料電池を開発 ……………………………………………………………………………… 6
A:水素・燃料電池戦略ロードマップの進捗確認及び国内外における水素・燃料電池利活用状況調査 ………….. 6
P:東京大学、清水建設等、希薄な濃度に対応可能なCO2回収・資源化の技術開発と実用化を加速 …………… 6
N:日揮HD、中東や西豪から引き合いのあるCO2フリーアンモニアプラントの実用化をめざす ……………………… 7
N:鈴木商館、水素関連ビジネス拡大。水素充填車を環境省の実証事業向けに納車 ……………………………………….. 8

【海外情報】
N:中国、燃料電池車開発で、モデル地域を選びその地域の企業の技術開発に補助金を支給する方針 ……….. 9
N:重慶市、成都市と共同で燃料電池車開発のモデル都市に申請 ………………………………………………………………………. 9
N:中国政府、燃料電池自動車開発のモデル都市申し込み通知を発表 ……………………………………………………………. 10
A:ドイツ政府が水素エネルギー戦略を発動 ……………………………………………………………………………………….. 10
P:デンマークEverfuel、蘭Connexxionのバス車両基地に水素ステーションを建設 ………………………………………… 11
P:英TÜV SÜD、水素ステーションの水素流量計測の標準化プロジェクトを推進 …………………………………………….. 11
P:独Regionalverkehr Köln GmbH (RVK)、欧州最大となる35台の燃料電池バスの運行開始 ………………………. 12
P:独Linz大学、水電解の白金代替触媒として機能性ポリマーを利用する研究を進める ………………………………. 12
P:豪タスマニア州政府、2022~24年までに再エネによる1,000MW水素製造プラントを稼働 ………………………… 13
P:仏Plastic Omnium、ルマン24時間耐久レース出場のFCV試作車に高圧水素タンクを独占供給 …………… 13
P:オーストリアのインスブルック大学など、銅の触媒活性を示す実証に成功 …………………………………………………… 14
P:独EDEKA、大型物流でグリーン水素の利用を促進するプロジェクト実施 …………………………………………………….. 14
N:英Fisher German、ノッティンガムシャーに水素エネルギープラントを建設 ……………………………………………………. 15
P:独SFC Energy、香港電気船外機メーカーePropulsionと提携、燃料電池をREとして供給 ………………………… 16
P:上海重塑能源科技、デュポン(杜邦)中国と提携 ………………………………………………………………………… 16
P:米加州San Diego Metropolitan Transit System、2040年迄に全部のバスをゼロエミッション化 ………………… 17
P:インドの非政府系シンクタンク、海事部門の脱化石燃料化に水素が有効というレポートを発表 …………………. 18
P:米Nikola、創業者のトレバー・ミルトン氏の会長職と取締役会からの辞任を発表 ………………………………………… 18
N:韓国ガス、光州広域市に生産能力4トン/日の水素生産拠点を建設 …………………………………………………………. 19
P:欧州エアバス、2035年までに水素燃料の航空機を商用化。3種類のコンセプトを発表 ……………………………… 19
P:カナダBallard、中国の新しい燃料電池自動車政策は中大型車両を優先とコメント …………………………………….. 20
P:ルクセンブルグLIST と仏3D-Oxides、太陽光で水分子を分解する新水素製造技術で提携 …………………….. 21
P:豪ATCO Australiaの水素事業について ……………………………………………………………………………………. 21
P:独EvonikとSiemens、CO2とH2から化学物質を製造するパイロットプラントを建設………………………………….. 22
P:西豪州政府、Geraldton近くの工業地帯に水素ハブ建設のための「関心表明」の受付開始 ………………………. 23
P:英Barrusなど、内陸水路船用の燃料電池ハイブリッド推進装置を開発 ………………………………………………………. 23
N:スペインIberdrola、EU最大のグリーン水素製造工場を建設 …………………………………………………………………………. 24
P:独BMVI、産業用燃料電池物流機器導入に500万ユーロ(605百万円)を助成 ………………………………………….. 24
P:英Wood とSGN、North East Network & Industrial Cluster開発プロジェクトを共同で実施 ……………………….. 25
P:欧州EBRDなど、東欧ジョージアでグリーン水素製造の事業化調査と投資の可能性調査を実施 …………….. 26
P:仏HPQ SiliconとApollon Solar、多孔質シリコン粉末利用の水素製造技術開発等で提携 ………………………… 27
N:英Cadent、英政府に対して天然ガス供給網で20%程度の水素混合ガスを使用するよう提言 …………………. 27
P:豪政府、「First Low Emissions Technology Statement 2020」を発表 ………………………………………………………….. 28
N:韓国KIST、水電解水素生成触媒としてTi-MoP触媒を開発 …………………………………………………………………………. 28
P:英Honeywell UOP、恒力石化の大連工場に設置した7台のPSAが稼働 …………………………………………………… 28
P:米Haskel ‘Hydrogen Systems Group、小型・移動式水素ステーション開発 …………………………………………………. 29
P:チェコUnipetrolとBonett、水素ステーション建設で合意 ………………………………………………………………………………… 30
P:米BayoTech、インドの水素エネルギー市場に進出で、H2 ZESTと提携 ………………………………………………………. 31
N:仏EODev、トヨタのFCスタックを搭載した燃料電池発電機「GEH2」のデモ運転を実施 ……………………………… 31
P:米Plug PowerとUniversal Hydrogen、ターボプロップ機向け燃料電池推進システムを共同開発 ……………… 32
A:デンマークBlue World Technologies、大型トラック向けのメタノール燃料電池技術を開発 …………………………. 32
P:ベルギーJohn Cockerill、台湾の半導体工場から25 MWアルカリ形電解槽を受注 ……………………………………. 33
P:日本三菱パワーと米Entergy、発電所の脱炭素化などで提携 ……………………………………………………………………….. 34
N:スペインTMB、8台の燃料電池バスを発注。2022年早々に運行開始 …………………………………………………………. 34
P:ポルトガルとオランダ、グリーン水素アライアンスを締結 …………………………………………………………………………. 35
マンスリーニュ-スレター「Fuel Cell and Hydrogen Energy Connection」2020年9月号。 …………. 35