「FUEL CELL WEEKLY」(No.549 2020-09-23)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.549 2020-09-23)

【国内情報】
P:高砂熱学工業、民間月面探査プログラム運営のispaceが実施するシリーズB投資ラウンドに出資 ………… 4
P:スウェーデンハウスと東京ガス、戸建て住宅購入者に太陽光発電を無償提供 ……………………………………………… 4
P:トヨタとデンヨー、FC電源車を実証運転 ………………………………………………………………………… 5
P:東京工業大学、バイオマス資源からアミンを直接合成できる新しい固体触媒を開発 ……………………………………. 6
N:ハイドロネクスト、金属膜を使い混合ガスから高純度水素を取り出す水素精製装置を開発 ………………………… 7
N:名古屋市、路面公共交通システム「SRT」の導入に向け連節バスとFCバスで試験走行を実施 …………………. 8
A:水素社会へ加速する欧州、道筋描けず遅れる日本(エネルギーエコロジーEarth新潮流) ………………………….. 8
【海外情報】
A:欧州のEV販売動向(2020年1~7月)について。規制と補助金が追い風となり中国を抜く ……………………… 11
N:北京市、水素燃料電池自動車産業発展計画を発表 …………………………………………………………………….. 12
N:上海汽車、燃料電池車への取り組み加速。2025年までにシェア10% …………………………………………………………. 13
P:スイスABBとカナダHydrogen Optimized、100MW水電解水素製造ソリューション開発で提携…………………. 13
P:豪Providence、NSW州で100MWのソーラーファーム+水素貯蔵施設を建設 ……………………………………………… 14
P:仏ENGIEとArianeGroup、水素液化装置開発と液体水素供給サービスで提携 ………………………………………….. 15
P:豪GHAG 、クイーンズランド州Bundabergに80MWの水素製造プラント建設を提案 …………………………………. 16
P:米WSU、中型燃料電池UAV用の液体水素を使用した水素供給システムの試験に成功 ………………………….. 17
P:独Düssel.Rhein.Wupper地区、廃棄物発電による水素のモビリティセクター活用モデルを提示 …………………. 17
P:米Zeroavia、空港敷地内移動水素ステーションと小型飛行機用燃料電池推進システムを開発 ………………… 19
N:デンマーク第4の都市オールボーで燃料電池バスの運行開始 …………………………………………………….. 19
P:ニュージーランドHalcyon Power、1.5MW水素製造施設の操業を2021年初頭に開始 ………………………………. 20
P:現代自動車、カ州の代理店Roseville Hyundaiで燃料電池SUV「NEXO」のリースを開始 ………………………….. 21
P:独BNBと韓国G-Philos、P2GプロジェクトとNAS電池用電力変換システム事業で提携 ………………………….. 21
P:独政府と豪政府、再生可能エネルギーによる水素サプライチェーンに関するFS実施 ………………………………. 22
P:仏Plastic Omnium、蘭VDLの大型トラック向けに水素貯蔵システムを開発・供給 ……………………………………… 23
P:仏Alstom、オーストリアÖBBの地方路線で燃料電池列車のテスト運転を実施 ………………………………………….. 24
P:仏Hynova Yachts、初の量産型FCボートを2020年のカンヌヨットフェスティバルに出展 ………………………….. 24
P:ニュージーランド労働党、2030年までに100%再生可能な発電を実現 ………………………………………………………… 25
P:カナダBritish Columbia州政府、Hyrodgen BC の水素ステーション建設に1,000万ドル助成…………………… 25
N:カリフォルニア州エネルギー委員会、フォンタナに新しい水素ステーション建設を承認 ………………………………. 26
P:米アルゴンヌ国立研究所、金を使用してプラチナ溶解を排除するナノ触媒構造を設計 ………………………………. 26
P:英NWHA、英国水素戦略の策定を要求………………………………………………………………………….. 27
N:中国SAIC Moto、2025年までに1万台以上の燃料電池車を販売する計画を発表 ……………………………………. 27
P:独キール大学など、白金触媒の劣化原因とそのメカニズムを発見 ……………………………………………………………….. 28
P:仏H2Bordeauxイニシアティブ、塩素酸ナトリウム製造工程で副生する水素の利活用を調査 ……………………. 28
N:チリ、2050年までに300億ドル(3兆2,100億円)のグリーン水素を輸出する可能性がある ……………………… 29
N:米Nikolaに技術誇大宣伝疑惑が浮上。米調査会社のヒンデンブルグ・リサーチが指摘 ……………………………. 30
P:独EBE、REX式EV廃棄物収集車導入のため、地形、ルートなどのパラメータを収集 ……………………………….. 31
N:ベルギJohn Cockerill、台湾の半導体メーカー向け25MW電解槽をAirLiquideに納入 …………………………….. 31
P:米Nikolaと英CNH Industrial、共同でEVメーカーのTreセミトラックのプロトタイプを製造 ……………………….. 32
N:米GM CEO Mary Barra氏のNikolaとの契約について語ったインタビュー記事 ………………………………………….. 33
P:韓国海洋技術院、バイオ水素生産などを紹介した小冊子を発刊(KIOST) …………………………………………………… 33
P:カナダBallard、新しい140kW燃料電池スタック「FCgen®-HPS」を発表………………………………………………………… 33
P:米First Mode、2MW以上の燃料電池ハイブリッドパワープラントを開発中 ………………………………………………….. 34
P:ポーランドPKN Orlen、2022年までに600kg/hの電解槽による水素ハブを建設 ………………………………………. 35
P:蘭Emmen、燃料電池バス10台を導入………………………………………………………………………………… 36
N:中国上海汽車(SAIC)、第3世代モデルとなる燃料電池MPV「SAIC MAXUX EQNIQ 7」発表 …………………… 37
P:米Frontier Energy、GTIなどと共同で、テキサス州でDOEプロジェクトH2@Scale 実施 ……………………………. 37
P:蘭Frames、ハンガリーMOLのDanube 製油所に水素回収・精製システムを供給 ……………………………………… 39
P:米DOE、小規模SOFCシステムの開発に3,400万ドル(3,638百万円)を助成 …………………………………………… 40
P:米magniX、Universal Hydrogenに航空機用電気推進システムを供給 ………………………………………………………….. 40
P:メタノール改質水素製造装置(米Element 1など)を搭載した中型FCトラックの路上走行開始 ……. 41
N:米DOEなど、FCハイブリッドトラック開発でCumminsに100万ドルを助成 ………………………………………………… 41
P:英スコットランド、グリーン水素製造パートナーシップ「Green Hydrogen for Scotland」結成 ………………………… 42
N:現代自動車、初めて定置用燃料電池システムを欧州企業に輸出…………………………………………………………………. 43
P:独Daimler Trucksの燃料電池トラック、2023年から試運転開始。2020年代後半に量産開始 ………………….. 43
P:米EPRIなど、エネルギー省から助成を受け水素教育プログラム「H2EDGE」を開発 …………………………………… 44
P:独MAN Energy SolutionsとマレーシアWasco、東南アジアでPower-to-X商業化を推進 ………………………… 45
P:仏DAMグループ、燃料電池スタックのセル電圧モニタ(CVM)の開発および量産を開始 ………………………….. 45
P:独Liebherr、上海汽車の燃料電池MPVに空気圧縮機供給 ………………………………………………………………………….. 46
P:英CPH2とB9 Energy、CPH2メンブレンフリー電解槽の製造販売を手掛ける合弁会社設立 ……………………. 47
P:H2Busコンソーシアム、アイルランドWrightbusから1,000台の燃料電池バスを調達 ………………………………… 48
P:ノルウェーTECO2030ASAとオーストリアAVL、大型船舶用燃料電池システムを共同開発 ……………………….. 48
P:独SFC Energy、フィンランドAuroraHutsからフローティングハウス向け燃料電池を受注 …………………………… 49
N:上海汽車、2025年までの水素エネルギー事業戦略を発表 …………………………………………………………….. 50
N:印Indian Oil、首都に燃料電池バス50台を配備する計画 …………………………………………………………….. 51
P:スペインTalgo、列車用燃料電池推進システムを開発 …………………………………………………………………. 51
N:韓国科学技術院(KIST)と漢陽大学、700℃でも安定して働く白金原子触媒を開発 …………………………………….. 52
P:独Siemens、数両連結向きのローカル鉄道用燃料電池システム「Mireo plus H」を開発 …………………………….. 53
P:豪TNGと独SMS、TIVANプロセスを利用したプラズマ熱分解による水素製造技術を開発 ………………………. 53
P:濰柴控股集団、2020年3月に年間生産能力2万台の燃料電池システム工場が稼働 ……………………………… 54
P:独Salzgitterと独VNG、水素とバイオメタン利用のフィジビリティスタディを実施 ………………………………………….. 54
P:米FuelCell Energyは、リバーシブル固体酸化物燃料電池システムの開発と商品化を推進 ……………………… 55
N:英TP、Fuel Cell Systems、Vanguard、鉄道用水素供給ソリューション開発で提携 ……………………………………… 55
P:米Stone Edgeワイナリー、水電解槽を含むマイクログリッドを構築 ………………………………………………………………. 56
P:ベルギーBeHydro、船舶、列車、発電機向けの1MW級デュアルフューエルエンジンを発売 ……………………… 56