「FUEL CELL WEEKLY」(No.542 2020-07-27)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.542 2020-07-27)

【国内情報】
P:日立造船、山梨県企業局からPEM 水電解大型セルスタック電解槽を受注 …………………………………………………… 3
P:京大など、有機高分子シートの光触媒適性を発見 ……………………………………………………………………………………………. 3
N:福井県初の商用水素ステーション、2021 年春に開所 ……………………………………………………………………………………….. 4
N:みやぎ生協、燃料電池トラックの実証実験開始 ………………………………………………………………………………………………… 5

【海外情報】
P:河南省新郷市、水素エネルギー工業団地建設に20.5 億元(約310 億円)を投資 ………………………………………… 6
N:仏CALAMALO Aviation、燃料電池を搭載した水上飛行機「Morgann H2」を開発 …………………………………………. 6
P:英IHS Markit、2030 年までに再生可能由来のグリーン水素がコスト競争力を持つと予測 …………………………… 7
P:米コロラド州公衆衛生環境局など、ZEV 燃料供給インフラ整備で合意 …………………………………………………………… 7
P:仏McPhy、某社から容量200kg/日の水素ステーションを受注 ……………………………………………………………………… 8
N:韓国SK ガス、仁川市にLP ガスと水素の併設ステーションを開設 …………………………………………………………………. 9
P:欧州ガス会社11 社、水素輸送ネットワーク計画を発表 ………………………………………………………………………………….. 10
P:蘭WaterstofNet、フランドル地方で水素チェーン確立に今後も尽力していく ………………………………………………… 10
N:韓国ガスと現代自動車、統合型水素ステーション建設と運営の豪現会社設立で合意 ……………………………….. 11
P:英H2Tec、欧州海洋エネルギーセンターから水素製造プラント改良を受注 …………………………………………………. 11
P:韓国浦項工科大学校、PEFC の耐久性向上に有効なPt/HxWO3 触媒を開発 ………………………………………….. 12
N:ノルウェーHexagon Purus、米水素供給業者などから高圧水素運搬モジュールを受注 ………………………………. 13
P:スイスEFGroup、新しいスタック製造コンセプトを開発した燃料電池を開発 ………………………………………………….. 14
P:米印、グローバル戦略的エネルギーパートナーシップを締結 …………………………………………………………………………. 14
N:ポルトガル環境気候行動省、160 億ユーロの水素セクターへの投資プロジェクト案件を受取る ………………… 15
N:豪ANU、半導体材料を使い変換効率17.6%で、太陽光で水を直接分解する水素製造方法を開発 …………. 15
P:中通客車、山東省濰坊市に燃料電池バスを大量納入 ……………………………………………………………………………………. 15
P:豪GHD、家庭用水素貯蔵システム「LAVO」の製品開発サポート ………………………………………………………………….. 16
P:伊Snam と米Baker Hughes、水素混燃ガスタービンのテスト終了、2021 年に配備 …………………………………….. 17
P:欧州委員会、「RH2INE」プロジェクトに50 万ユーロを助成 ………………………………………………………………………………. 17
P:英「H21」プロジェクト、天然ガス配管に100%水素を供給するための試験施設を竣工 ……………………………….. 18
N:スイスSt. Gallen 警察、現代自動車のFCV「Nexo」を警察車両として1 台導入した。 …………………………………. 19
N:米CalSTA、Lake Transit Authority に燃料電池バス整備費として1,299 万ドルを補助 ………………………………. 19
P:米DOE、H2@Scale プロジェクトに約6,400 万ドル(6,848 百万円)を助成 ……………………………………………………… 20
P:ノルウェーDNV GL と蘭Celsian、産業用に水素を燃料として活用するプロジェクトを開始 ………………………….. 20
N:上海汽車と宝武鋼鉄が水素ステーション建設などで協力 ………………………………………………………………………………. 21
P:独Uniper と米GE、発電所の燃料を水素に転換していくことで合意 ………………………………………………………………. 22
P:豪Standards Australia、8 つの国際水素規格を採用 ………………………………………………………………………………………. 22
P:カナダCanadian Utilities、ガスパイプラインに5%の水素を注入するプロジェクトを実施 ……………………………… 23
P:英Eversholt Rail とスイスAlstom、新しく600 系の燃料電池列車「Breeze」を開発 ……………………………………… 23
N:韓国の斗山燃料電池など、2025 年までに浦項テクノパークに水素燃料電池発電クラスターを建設 ………… 24
P:米ReCarbon とHYZON Motors、グリーン水素モビリティを推進することで合意 …………………………………………… 25
P:独Linde、中海油能源発展と中国の水素エネルギー開発で合意…………………………………………………………………… 25
P:米Microsoft、2030 年までにカーボンネガティブを達成するための行動指針を発表 …………………………………… 26
P:欧州のEVERYWH2ERE プロジェクト、燃料電池発電機プロトタイプをイタリアに出荷 ………………………………….. 26
P:仏ENGIE、マイニング産業の研究機関Mining3 が主導する次世代水素研究に参加 ………………………………….. 27
P:米Nikola、アリゾナ州クーリッジで燃料電池トラックの製造施設の建設開始 ………………………………………………… 28
P:独BMW、2020 年からFCV を限定生産すると発表 ………………………………………………………………………………………….. 29
P:欧州の物流業者など18 社、クリーントラックへの移行を要求するアライアンスを結成 ……………………………….. 29