「FUEL CELL WEEKLY」(No.540 2020.7.13)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.540 2020.7.13)

【国内情報】
P:福島県浪江町、水素の柱上パイプラインによる輸送実証を実施………………………………………………………… 3
P:大林組、大分県九重町で日本初となる地熱発電・水素製造実証プラントの建設に着手………………………………. 3
N:大阪大学、過酸化水素からの水素生成に成功………………………………………………………………………….. 4

【海外情報】
P: ドイツ東部のラウジッツ地域、ドイツの水素モデル地区として開発戦略ロードマップを 2020 年末に発表…… 6
N: 南アフリカ科学革新省(DSI)、新しく建設する軍の病院に燃料電池電源を採用……………………………………………. 6
P:サウジ KAUST、MOFベースの水分解光触媒を開発…………………………………………………………………………. 7
P: カナダ HTEC と 7-11Canada、BC 州ノースバンクーバー市に水素ステーション開設……………………………………. 7
N: 蘭ドレンテ州、EU の支援で公用車としてFCEV4台導入…………………………………………………………………….. 8
P: アイルランド Icelandic New Energy、H2 の役割を示す「A 2030 vision for H2 inIceland」公開…………………….. 8
P: 加州 OCTA、ゼロ・エミッションバスへの移行計画に基づき、FCEB とEB の比較データの収集開始…………. 9
P: 独 WestfalenGroup、連邦政府の国家水素戦略と継続的な取り組みを支援……………………………………………….. 10
P:米 Ways2H とFord, Bacon & Davis、廃棄物から水素を製造する装置建設で提携……………………………………..10
P:ノルウェーNel Hydrogen Fueling、水素ステーション「H2Station™」を受注……………………………………………11
N:米 FuelCell Energy、韓国 POSCO Energy に対してライセンス契約破棄と損害賠償を提訴 ……………………….. 11
P:独 Daimler Trucks と Daimler Truck Fuel Cell、燃料電池量産の生産設備を共同開発……………………………….12
P:ポーランドPolenergia と独 Siemens、産業用コージェネと水素技術導入で提携………………………………………12
P:米 BayoTech とCross River、水素製造装置をレンタル/リースする新会社を設立…………………………………….. 13
P:スウェーデン Semcon、PowerCell の燃料電池スタック製造プロセス自動化でロボットセルを開発…………….. 13
P:独 Bosch、ヴェルナウにある施設に 3 台の 10kW 級 SOFC によるパイロット発電プラントを開設………………. 14
P:スペイン・バレンシア港、2021年から移動式水素ステーションが稼働………………………………………………… 14
P:米 Power Innovations とBNE、石油掘削現場で発生するメタンの水素変換プロジェクトを実施 …………………. 15
P:米 Nikola ファウンダーTrevor Milton 氏、FCEV とBEV の共存を語る………………………………………………… 15
P:独ハノーバー市のバス会社、燃料電池バスをテスト。2023 年に長距離路線で 2 台導入を計画……………….. 15
N:米 Oregon 大学、バイポーラ膜電解槽を開発………………………………………………………………………….. 16
P:蘭 Amsterdam 大学など、水電解触媒として植物に似たナノ触媒層を開発…………………………………………16
P:米 Air Products と独thyssenkrupp、大型電解プラントの市場拡大で提携…………………………………………..17
P:仏 HDF Energy とトリニダード Kenesjay 、カリブ海の水素プロジェクト開発で提携 …………………………..17
P:現代自動車、燃料電池大型トラック「XCIENT」10 台をスイスに向けて出荷………………………………………18
P:英 Clean Power Hydrogen 、MFE30 電解槽を初出荷………………………………………………………………….. 19
P:蔚山科学技術大学校、アルカリ水電解の水素生成効率を向上させる MOF 触媒を開発……………………………. 20
P:仏 Air Liquide など、FC トラック千台導入と水素インフラ整備プロジェクト立上げ……………………………….21
P:蘭ワッデン海の船舶航行を 10 年以内にグリーン化する Green Shipping プロジェクト開始………………………… 21
P:豪投資会社 Palisade 、燃料電池バス走行プロジェクト「H2OzBus」コンソーシアム結成…………………………….. 22
P:伊 Enapter、14 企業とAEM 水電解装置のアプリケーション開発プログラムを開始…………………………………….. 22
N:現代自動車、2020 年 6 月の EFCV「Nexo」の販売台数は 548台。…………………………………………………… 23
P:米カリフォルニア州でFCEV4 台に同時充填可能な水素ステーション、2019 年末開所……………………………….. 24
P:チリ、グリーン水素製造・輸出に大きなポテンシャル。McKinsey 調査。………………………………………………24
P:スウェーデンの住宅供給会社 Vätterhem など、世界初の完全自給自足型アパートを建設……………………….. 25
P:独クラウスタル工科大学、排水をバイオ燃料電池でエネルギー変換するプロジェクトを開始…………………….. 26
P:米 Air Products など 3 社、水素を輸出するため、世界最大のグリーンアンモニア工場を建設………………….. 27
P:英 Intelligent Energy、米 Zepher から UAV 用の 800W燃料電池モジュールを受注………………………………. 27
P:欧州委員会、「水素戦略」を発表……………………………………………………………………………………………. 28
P:欧州委員会の「水素戦略」に対する EU 諸地域や都市からの提言………………………………………………………….. 29
A:欧州委員会、水素技術の実用化と普及に向け戦略を発表………………………………………………………….. 30
A:欧州委員会、エネルギー効率性向上のための総合戦略を発表…………………………………………………………… 31
P:英 APPG、英国の水素部門の成長を支援し加速するための提言をまとめる。…………………………………………….. 31
P:独 ThEEN とHySON、グリーン水素に関する戦略的提携を結ぶ……………………………………………………….. 32
P:ニュージーランド Hiringa と TRGroup、燃料電池トラック導入で提携…………………………………………………. 32
P:米 Cummins、2020 年バーチャル水素フォーラムで講演 ………………………………………………………………. 33
N:蘭 Gasunie とアムステルダム港、北海運河地帯に水素パイプラインを建設する計画…………………………………. 34
P:英鉄道協会、APPGに対して燃料電池とバッテリー列車の導入を要求………………………………………………………… 34
P:欧州鉄鋼連盟、欧州委員会の「水素戦略」を歓迎……………………………………………………………………………. 35
P:オーストラリア水素協会とカナダ水素・燃料電池協議会が提携……………………………………………………….. 35
N:ハンガリーGOLDI Mobility、18m 燃料電池連結バスの予約受注を開始……………………………………………………….. 36
P:スウェーデン PowerCell、ヨーテボリ市の委託を受け、燃料電池ゴミ収集車を開発・実証…………………………… 36
N:韓国 STX Heavy Industries、韓国窯業技術院と共同で、次世代 SOFC 燃料電池を開発…………………………… 37
P:米 Air Liquide Advanced Technologies、オールインワンタイプの水素ステーション開発……………………………… 37
A:EU、脱炭素化とコロナ後の景気浮揚の柱に「水素」。「水素戦略」を公表………………………………………….38
A:中国、燃料電池産業が沸騰…………………………………………………………………………………………………….. 38