「FUEL CELL WEEKLY」(No.539 2020.7.6)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.539 2020.7.6)

【国内情報】
N:日本曹達と立教大、新規 MOFによる水素貯蔵材料を開発………………………………………………………………….. 3
P: 信州大学など、100%に近い量子収率で水を水素と酸素に分解する光触媒を開発 …………………………………….. 4
P:東芝エネルギーシステムズ、福島県あづま総合運動公園と J ヴィレッジで燃料電池が発電開始………………. 4
N:宮城県、仙台空港近くに水素ステーションを建設。2020年秋に着工………………………………………………………………. 5
A:池田直渡「週刊モータージャーナル」:ようやく HV の再評価を決めた中国 (1/4)………………………………………….. 5

【海外情報】
N:広州市、水素エネルギー産業チェーン構築で 2030 年に 2 千億元(3 兆円)の生産額を実現へ………………….. 7
P: ドイツ水素燃料電池協会、「ドイツ国家水素戦略」を高く評価…………………………………………………………. 7
N: テルアビブ大学とアリゾナ大学、太陽光を利用して藻類から水素を生成………………………………………………. 7
P: 豪 Amtronics、企業向けに水素製造ユニット等を販売する Australian Hydrogen Generation 設立…………….. 8
P: 独 BV Glas とGWI 研究所、ガラス溶融プロセスで使用する燃料を水素に切り替える実験開始 …………………. 8
P: 伊 Enel、脱炭素化の取り組みを加速し、風力や太陽光を活用し、グリーン水素の生産を開始…………………… 9
N: 韓国産業通商資源部、「水素経済と中小・ベンチャー企業育成基金」を設立………………………………………………… 9
N:ドイツとモロッコ、グリーン水素協力協定に署名……………………………………………………………………………… 10
N: 中国の鄭州公共交通公社、路線バスに水素燃料電池バス を 10 台追加 ………………………………………………..10
P: 仏 Mont-Blanc Industries の水素部門、クリーンカー用水素技術の研究開発プロジェクトに参加へ ………… 10
P:蘭 NPROXX、燃料電池バス用水素ステーションに 500kg の水素貯蔵高圧タンクコンテナを設置……………….. 11
P: 仏南部のオクシタニー地域、仏投資事務局が募集した大規模水素プロジェクトに 15 件を提案……………….. 11
P: 独 SMART TESTSOLUTIONS、燃料電池スタック用セル電圧測定モジュールを開発…………………………………. 12
N:独 HyDrive OWLプロジェクト始動………………………………………………………………………………………….. 13
P: 米国 ReCarbon と豪 Utilitas Group、バイオガスから水素を製造するプラント建設を共同で推進………………. 13
N: スペインバルセロナ交通局、オンサイト水素ステーションを建設、2020 年から燃料電池バスの運行開始……………. 14

P: 現代自動車、オーストラリア ACT に FCEV「 Nexo 」20 台を納入…………………………………………………………………. 14
P: 蘭 WaterstofNet、FCH JU が採択したテセル・リンブルクの水素・燃料電池プロジェクトを支援………………… 15
N: 独ヴッパタール、2020 年 6 月から 10 台の燃料電池バスが運行を開始……………………………………………………… 15
P: 欧 FCH JU など、航空機燃料に関する調査報告。2035 年迄に水素や、水素由来の合成燃料が実用化… 16
P: 仏 Air Liquide、トヨタなど、2020 年までに 600 台の燃料電池タクシー普及で合弁会社設立…………………. 16
N:豪 H2X と Elvin Group Renewables、共同で水素ステーションを開発……………………………………………………………. 17
P:英 RenewableUK、再生可能エネルギーによる今後の供給量の予測を公開、風力発電の重要性を強調….. 17
P:豪 UNSW Sydney とベンチャーキャピタル PAG、水素エネルギー研究センターを共同で設立……………………. 18
P:米 SunHydrogen、米アイオワ大学との研究委託契約を延長………………………………………………………………. 19
A:米カリフォルニア州大気資源委員会、トラックに関する排出規制を決定………………………………………………….19
P:カナダ Ballard、カリフォルニア州のトラックの ZEV 規制を支持………………………………………………………………………. 21
N:独ラインラント・プファルツ州、アーマバレー鉄道で EV または燃料電池列車導入の FS 実施……………………. 21
P:米 Nikola、2020 年 6 月、EV ピックアップ「NikolaBadger」の予約開始…………………………………………………………… 22
N:オーストリア Lafarge Zementwerke、OMV など、「Carbon2ProductAustria」を結成……………………………………… 22
N:独 Continental の CEO、「ドイツ水素戦略」の発表を受け FCV へ注力する必要を表明……………………………… 23
P:独 Apex、仏 McPhy の 2MW水電解装置を設置した水素製造工場が竣工…………………………………………………… 23
P:英 Suttons Tankers、Ryse Hydrogen とバルク水素ガスの輸送契約を締結………………………………………………….. 24
P:韓 Samsung Heavy Industries と米 Bloom Energy、燃料電池船の共同開発で合意…………………………………….. 24
P:独 E.ON とthyssenkrupp、電力貯蔵用アルカリ水電解プラントの共同試験を実施……………………………………… 24
N:米 HYZON Motors、ニューヨーク州 HoneoyeFalls に本社とエンジニアリングセンターを移す……………………… 25

P:カナダ Simark Controls、カナダ SiteWatch Safety から DMFC「EFOY Pro 2400 Duo」受注………………………… 25
P:伊 ENI とNextChem、プラ廃棄物から水素や合成ガスなどを製造する技術を共同開発……………………………… 26
P:英 Oilgen と Hydrenor、水素貯蔵エンジニアリングサービス会社 HREを設立………………………………………………. 26
P:ノルウェーEquinor、英国 Saltend Chemicals Park に 600MW 天然ガス改質水素プラント建設…………………… 27
N:仏 Green Hydrogen Lhyfe、仏 3 つの研究機関とのパートナーシップ発表……………………………………………………. 27
P:仏 Air Liquide、長距離トラック用の大容量水素ステーション建設、2022 年初に開設………………………………….. 28
P:英 JCB、世界初の 20 トン燃料電池ショベル(220X)を開発 ………………………………………………………………… 28
P:英 Intelligent Energy と米 Parry Labs、UAV 向け燃料電池の販売契約を締結…………………………………………….. 29
P:英 PowerHouse、Waste2Tricity を買収 ……………………………………………………………………………………………. 30
P:伊 Fincantieri と Eni、2017 年締結の脱炭素化技術の共同開発協定を延長………………………………………………… 30
P:ニュープリマス市、下水処理場で天然ガス・水素混合ガスを使用、CO2 削減………………………………………………. 30
P:韓国 Doosan Mobility Innovation、「UAM Team Korea」に参加、無人飛行機用燃料電池を開発……………….. 31
P:米 NREL、水素・燃料電池に関する国立研究所との共同開発プロジェクトの企業提案を募集……………………. 32
P:カナダ Ballard 、中国合弁 Synergy-Ballard JVCoから膜電極(MEA)を受注。……………………………………………. 32
A:EU議長国ドイツ、水素技術など気候変動対策の推進を強調……………………………………………………………. 33
A:オーストラリアの「国家水素戦略」……………………………………………………………………………………… 33
A:ドイツ「国家水素戦略」の位置づけ……………………………………………………………………………………….. 34
マンスリーニュ-スレター「Fuel Cell and Hydrogen Energy Connection」2020 年 6月………………………….34