「FUEL CELL WEEKLY」(No.527 2020.4.6)

週刊燃料電池「FUEL CELL WEEKLY」(No.527 2020.4.6)

【国内情報】
P:AZUL Energy、シードラウンドで 6 千万円資金調達、次世代電池用高性能触媒の開発加速………………………… 3
P:日本船舶技術研究協会と国交省、国際海運のゼロエミッション実現に向けたロードマップを策定 ……………….. 3
P:三菱商事、シンガポール民間 5 社、千代田化工建設とシンガポールの水素経済実現に協力…………………….. 5
P:西部ガス、「エネファーム type S」新型機が福岡市などのマンション 179 戸で採用決定……………………………….. 6
P:東京ガス、「エネファーム」累計 13万台販売を達成………………………………………………………………………. 6
P:京セラ、「ソーラーエネルギー事業本部」の名称を「スマートエナジー事業本部」に変更……………………………….. 6
P:チャレナジー、風力発電による海水からの水素生成事業を開始………………………………………………………….. 7
P:セブン‐イレブン・ジャパン、栃木県で FC トラックによる配送実験を開始……………………………………………….. 8
P:国土交通省、2020 年度から国際基準(WLTP)に基づく燃費・電費測定を義務化単位…………………………………. 8
P:ホンダとGM、GM「アルティウム」バッテリー採用の Honda 向け次世代EV の共同開発で合意…………………… 9
P:東京理科大学など、低い温度で作動する SOFC極薄電解質膜を開発………………………………………………………… 10

【海外情報】
P: 欧 HaskelとHexagon、水素ステーション用油圧蓄圧器を開発中………………………………………………………. 11
P: 独 NPROXXの高圧水素タンク開発の現状…………………………………………………………………………………… 11
P: ノルウェーZEG Power、水蒸気改質と CO2 回収を統合した水素製造技術を開発……………………………………… 12
P: 独 APEX Energy、ロストック・ラーゲ地域に 16GW 水電解槽とCHP 設置、エネルギー供給インフラ構築… 13
P: 韓 KOSPO、20MW 燃料電池パーク建設、設置後平均稼働率 99%、平均容量率 97%を達成…………………. 13
N:韓国ソウル市、温室効果ガス排出量の算定方法に SOFC の基準を新設……………………………………………14
P: ラトビアのリガ交通局、燃料電池トロリーバス 10台導入……………………………………………………………… 14
P: スウェーデン Liquid Wind など、再生可能メタノールを製造する Power to Fuel プロジェクト開始………………. 15
P: ノルウェーHynion、Wokoiski からスウェーデンの水素ステーションを買収 ………………………………………….. 16
P: 豪現代自動車、オーストラリアにFCV「NEXO」を多数納車……………………………………………………………. 16
N: 米 All AmericanMarine、アルミ製燃料電池フェリーの建造を請負う…………………………………………………17
N:ポーランド Energa、モジュール式の可逆作動 SOFC 水素製造設備のプロトタイプを建設 ……………………….. 18
P: 武漢秦歌と開沃、PowerCell の燃料電池スタック(40kW)を搭載した燃料電池バスを共同開発………………… 18
N: 蘭 Century Autogroep と Holthausen、燃料電池商用バン「H2-Transporter」の販売開始…………………….19
P: 米 Air Products、PBF Energy が保有する水蒸気改質水素製造プラント5基を買収…………………………………… 19
P: 蘭 Jos Scholman、現代自動車の FCV11 台を購入、水素ステーション建設にも取り組む………………………….. 20
P: BMW、新型 FCV のパワートレーンを公開。2022年にパイロット生産を開始…………………………………………. 20
P: 伊 Enapter、新しいモジュール式水電解装置「EL 2.1」発表、クラウドファンディングによる資金調達開始… 22
P:米ブルームバーグ NEF、「水素経済」は脱炭素化への有望な道筋とする調査レポート発表………………………. 23
P: スウェーデン PowerCell、Bosch から燃料電池スタック「PowerCell S3」を数台受注………………………………..25
P: 米 Proton Energy Systems、PEM ベースの統合可逆式燃料電池(URFC)システムの開発に着手…………… 26
N: 海馬汽車、FCV「Haima7x」を開発……………………………………………………………………………………. 26
P: ノルウェーNel、Collins Aerospace から PEM 電解セルスタックを受注。原子力潜水艦に搭載…………………… 27
N: 米 Chart Industries、客船用燃料電池の水素供給システム設計業務を受注………………………………………………. 27
P: フィンランド Wärtsilä、CO2削減に寄与するアンモニアの燃焼試験開始………………………………………………………. 28
P: 米 Nuvera、産業用中型・大型車両用燃料電池システム「NuveraTME-45」の発売開始……………………………….. 28
P: スウェーデン PowerCell、2023 年迄に 3MW 級舶用燃料電池システム開発、欧大手造船所へ納入………… 29
P: 濰柴動力、年産 2万台の水素燃料電池駆動システム工場の操業開始………………………………………………………. 29
P: 独 APEX Energy Teterow、2MW 水素プラント構築の中核となる熱電併給設備の操業を開始………………….. 30
P: 米 Standard Hydrogen、プラスチック、タイヤなどの廃棄物から水素を製造する技術を開発……………………… 30
P: 独 SWEG、2022 年に燃料電池レンジエクステンダーバス「Mercedes-Benz eCitaro REX」を導入…………….. 31
P: 仏 Sogestran、ローヌ川で貨物を輸送する燃料電池プッシュボートを開発…………………………………………………. 31
P: 独「Westküste 100」、洋上風力電力からグリーン水素を製造するプロジェクトを開始…………………………………. 32
P: 韓国・仁川市、再生可能エネルギー設備を設置する 1,000 世帯を対象に総額 6 億ウォン補助………………… 33
P: 仏イッシー・レ・ムーリノー市、燃料電池貨物スクーターによる市内配送実験に参加………………………………….. 33
P: 中国河北省、張家口市を中心に水素関連プロジェクトに 87.5 億元(1,400 億円)投資……………………………….. 33
マンスリーニュ-スレター「Fuel Cell and Hydrogen Energy Connection」2020 年 3 月号。…………………….. 34
A:中国における燃料電池・水素エネルギーの開発動向と将来展望(2)………………………………………………………. 34