週刊水素エネルギー「HYDROGEN WEEKLY」

週刊水素エネルギー「HydrogenWeekly」創刊

≪ ≪ ≪ ≪ HYDROGEN WEEKLYの特徴 ≫ ≫ ≫ ≫
◆水素エネルギー関連のニュース記事を毎週まとめて配信します。日本や世界で発信されているニュース記事・各社のプレスリリースなどを毎週一括して読むことができ、毎日の情報収集にかける手間が省略できます。また、内外の多岐にわたる情報整理にも便利です。
◆重複するニュースは取捨選択して、ひとつの記事に要約して配信しますので、エッセンスだけ読むことができます。
◆日本で発信されるニュース記事に関しては、弊社独自の追加取材を実施しますので、ニュース記事の信頼性が向上します。

≪ ≪ ≪ ≪ HYDROGEN WEEKLYの内容 ≫ ≫ ≫ ≫
■情報収集の範囲
日本、アジア、欧米各国の水素エネルギー関連情報。
収集の範囲は、水素製造・貯蔵・運搬・供給など広範囲にわたる水素チェーンに関わる政策動向、プロジェクト動向(Power to Gas、グリーン水素やブルー水素製造など)、企業動向、製品開発(電解槽、PSA、圧縮機、水素貯蔵容器、水素ステーションなど)、部材開発(電解触媒、水素貯蔵材料など)、研究開発動向、水素需要予測の調査レポートなど、日本語と英語で発信されるニュース記事を幅広く収集します。また水素に関わる範囲で、アンモニア製造、水素発電(ガスタービン、ガスエンジン開発など)、CCS(CO2捕捉・貯留)、エンジニアリング(水素製鉄や化学プラントや洋上プラットフォームでの水素利用など)、再生可能エネルギー開発(洋上風力、太陽光ファーム)などの関連情報もできるだけひろってご提供します。

■「HydrogenWeekly」と「FuelCellWeekly」の記事区分
「FuelCellWeekly」:
燃料電池メーカーの用途別開発・販売動向(Stationary、Transportation、Portable)。燃料電池メーカーのタイプ別開発・販売動向(PEFC、SOFC、PAFC、MCFC)。スタック部材(電解質膜、GDL、触媒、セパレータなど)開発メーカーの開発・販売動向。周辺機器(BOP)や水素貯蔵システム開発メーカーの開発・販売動向。燃料電池開発プロジェクトの動向、実証試験、市場予測、燃料電池の生産・販売統計など。
「HydrogenWeekly」:
水素製造・貯蔵・運搬・供給など広範囲にわたる水素チェーン全般の情報を収集する。水素ステーションの開発・設置動向や統計データ、水素エンジンや水素タービンの開発は「HydrogenWeekly」でまとめる。

■「Hydrogen Weekly」年間予約購読
 ◆購読期間:「2021年1月~2021年12月」などの年間契約。
 ◆購読料(1口):58,000円(消費税別途)。「FuelCellWeekly」と合わせてお申し込みの場合は、52,000円(消費税別途)となります。
 ◆イントラネットや社内の多数部署で共有する場合は、3 口のご契約をお願いします。
 ◆配信:毎週水曜日の18~19時ごろ。月 4 回、年間 48 回配信します。